COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

有志医療者による海外論文の翻訳、医療情報

WHO_COVID-19に関する週間疫学情報

翻訳日:2021/08/26

原文:Weekly epidemiological update on COVID-19 – 24 August 2021

世界の概要
データは2021年8月22日現在

今週(8月16日~22日)は450万件以上の新規症例が報告され、世界全体の新規症例報告数は約2か月間(6月中旬以降)増加した後、安定しているようです(図1)。西太平洋地域と南北アメリカ地域では、先週に比べてそれぞれ20%、8%の増加となり、新規症例数の増加が続いています。東南アジア地域と東地中海地域では、先週に比べてそれぞれ16%、10%の減少となりました。ヨーロッパ地域とアフリカ地域では、先週報告されたものと同様の症例発生率が報告されました。

今週、世界全体で報告された死亡者数は先週とほぼ同様で、68,000人以上が新たに死亡しました。ヨーロッパとアメリカを含む2つの地域では、新規死亡者数がそれぞれ11%と10%増加しました。アフリカ地域と東南アジア地域では、新規死亡者数がそれぞれ11%と10%減少しましたが、東地中海地域と西太平洋地域で報告された死亡者数は、先週報告された数とほぼ同じでした。全世界で報告された累積症例数は2億1,100万件を超え、累積死亡者数は440万人強となりました。

人口10万人あたりの週間患者数および死亡者数が最も多かった地域は、先週と同様、アメリカ地域(人口10万人あたりの新規患者数158.8人、人口10万人あたりの死亡者数2.1人)およびヨーロッパ地域(人口10万人あたりの新規患者数124.9人、人口10万人あたりの死亡者数1.3人)でした。また、東地中海地域では、死亡者数の週間発生率が高かったです(人口10万人あたり1.0人)。

新規症例数が最も多かったのは、米国(1,020,072件、15%増)、イラン・イスラム共和国(251,610件、7%減)、インド(231,658件、10%減)、英国(219,919件、11%増)、ブラジル(209,099件、1%減)でした。

全世界では、192の国(先週から新たに3カ国)・地域(以下、国)でアルファ株の症例が報告されており、141の国(新たに4カ国)でベータ株、86の国(新たな国はなし)でガンマ株、163の国(新たに7カ国)でデルタ株の症例が報告されています。

表1. 新たに報告されたCOVID-19の症例と累積死亡者数(WHO地域別、2021年8月22日現在)**。
図2. 人口10万人当たりのCOVID-19症例報告数(国・地域・エリア別)、2021年8月16日~22日**
図3. COVID-19による人口10万人当たりの死亡者数の報告(国・地域・エリア別)、2021年8月16日~22日**

特別な焦点:SARS-CoV-2の注目すべき変異株と懸念すべき変異株の最新情報

WHOは、各国の当局や研究機関、研究者と協力して、SARS-CoV-2の亜種が感染や病気の特徴を変えていないか、ワクチンや治療法、診断法、病気の拡大を抑えるために各国当局が適用している公衆衛生・社会対策(PHSM)の効果に影響を与えていないかを定期的に評価しています。懸念される変異体(VOC)や関心のある変異体(VOI)の“兆候”が検出され、世界の公衆衛生に及ぼすリスクに基づいて評価されます。国家機関は、地域的に関心のあるその他の変異体を指定することができ、これらの変異体の影響を調査し報告することが奨励されています。

地理的分布

SARS-CoV-2の変異体を検出するためのサーベイランス活動が国や地域レベルで強化されるにつれ、VOCを報告する国・地域・領域(以下、国)の数は増加の一途をたどっています(図4、附属書1)。しかし、この分布は、国ごとの検出能力や検査戦略の違いなど、サーベイランスの限界を十分に考慮して解釈されるべきです。

表現型の特徴

VOC の表現型の影響に関する入手可能なエビデンスは、表 2 にまとめられており、この COVID-19 Weekly Epidemiological Updates(最新の週間疫学)の前回の記事にも記載されています。前回の詳細版(8月10日)以降、VOCの表現型の特徴に関する新たな証拠が発表されました。

イスラエルで実施された予備的な集団レベルの観察研究では、アルファ株に感染しても致死率は高くならないことがわかりました。この結果は、アルファ株に感染すると重篤な症状や死亡率が増加することを示した英国での先行研究とは対照的です。これらの結果は、一般的な人口の年齢が低いこと、ワクチン接種率が高いこと、イスラエル全土で無料検査が行われていることなど、いくつかの要因に影響されている可能性があります。また、別の前向き縦断家族調査(プレプリント)では、ノルウェーにおいて、非VOC感染者(42.5%)と比較して、アルファ株感染者(77.8%)の二次感染率が高かったことから、アルファ株の家族感染率が非常に高い可能性が示唆されています。また、この研究では、味覚や嗅覚の喪失を経験した一次症例では、その後の二次感染率が有意に上昇することがわかっており、これはこれらの症例で観察されたウイルス量の増加によるものとも考えられます。

アルファおよびデルタ株が入院率に与える影響を解明することを目的としたシステマティックレビュー(予備的研究)では、これらの研究のうち9件が分析対象となりました。この研究では、非VOCsと比較して、アルファ株では入院の相対リスクが高い(1.4~2の間)ことがわかりました。非VOCと比較したガンマ株での入院に関するエビデンスは限られていましたが(対象となった研究は1件のみ)、特に20~39歳の症例では入院のオッズ比がはるかに高い(2を超える)ことがわかりました。

最近、米国で行われたプレプリント研究の結果によると、デルタ株はアルファ株に比べて複製適性が高く、デルタがより容易に複製する傾向があり、結果的に感染力が高いことが示唆されています。この研究では、デルタ株の高い適性とアルファ株に対する優位性の分子的な決定要因として、重要なスパイクタンパク質の変異(furin cleavage siteにおけるP681R)が同定されました。デルタ体の基本的な再生産数(R0)を、非VOC株の初期のR0推定値と比較したシステマティックレビュー(プレプリント)では、デルタ体の平均R0は5.08であり、非VOC株のR0(2.79)よりもはるかに高いことが判明しました。この研究の著者は、約30,000件の記録をスクリーニングし、そのうち5件のみが特定されたことから、世界のほとんどの地域で様々な移動制限が実施されていた時期に採取されたものであるため、デルタ株のR0の真の値は過小評価されている可能性が高いというエビデンスを示していると判断しました。

このような懸念すべき変異株の出現により、公衆衛生・社会的措置(PHSM)を維持することの重要性と、SARS-CoV-2に対するワクチン接種率を高める必要性が浮き彫りになりました。イングランドで実施されたモデル研究では、7月19日ではなく、当初の予定通り6月21日にPHSMを全面的に解除した場合、デルタ株の出現により1日の入院患者数が3,400人(95%CI:1,300-4,400)のピークに達したことから、これらの対策を解除するタイミングが重要であることが明らかになりました。PHSMの解除を7月19日まで遅らせたことで、1日の入院数のピークは約3倍の1,400人(95%CI:700-1500)に減少しました。これらの入院率は、デルタ株に対するワクチンの効果に関する不確実性を含む推定値に基づいており、慎重な解釈が必要であることに留意する必要があります。したがって、PHSMの緩和は、ワクチン接種率や懸念される変異株の流行状況とのバランスを考慮し、慎重に行う必要があります。

表2:懸念される変異株の表現型の影響*のまとめ
表3. 懸念される変異株に対するワクチンの性能のまとめ

ワクチンへのVOCの影響に関する補足説明

・完全接種(最終投与後 7 日以上)における VOC 特有のワクチンの有効性または効果(VE)の推定値を示した研究は、そのワクチン製品の比較対象となる VE の推定値と比較して、VE の減少の度合いを判断します。症状のある疾患の場合、VOC VE は、VOC 以外の環境で実施された第Ⅲ相無作為化 RCT の結果と比較されます。重症疾患および感染症については、VOC VEは、入手可能な場合は同一試験の非VOC VE推定値と比較されます(ベータ、ガンマ、デルタを評価する場合は同一試験のアルファVEと比較されます)。ただし、アストラゼネカ社の Vaxzevria の重症疾患(試験内の比較対象が入手できないため、重症疾患に対する第Ⅲ相RCTの有効性推定値が比較対象として使用されます)および感染症(非VOCによる感染症に対する第Ⅲ相VE推定値が入手可能であり、比較対象として使用される場合)は例外です。場合によっては、VOCに対して非常に高いVE推定値が報告されている場合(例:90%以上)、比較対象がなくても重症疾患や感染症のアウトカムに試験を含めることができます。

・また、各研究は、母集団、結果の定義、研究デザイン、その他の方法論的考察が異なるため、異なる研究間で製品のVE推定値を比較した場合、その違いの一因となる可能性があることにも留意する必要があります。さらに、表にまとめられた減少は、VEの点推定値であり、研究によって大きく異なるこれらの推定値の不確実性区間を示すものではありません。VEの減少は、これらの制限を考慮して解釈されるべきです。

表3は、製品別のワクチンの有効性/効果(VE)に対する変異株の影響を示し、非VOC環境でのVEと比較した変異株設定でのVEの減少を定量化しています。注目すべき点は、VEの絶対値の推定値で示されるように、VEの減少は必ずしも防御力の喪失を意味しないことです。例えば、mRNAワクチンで、症状のある病気に対するVEが10%減少しても、ワクチンの有効性は85%程度の高い効果があります。さらに、ワクチンは重篤な疾患に対してより高いVEを示しています。このため、VOCによる重篤な疾患に対するVEが少し減少しても、アストラゼネカのVaxzevriaの場合のように、実質的に防御される場合があります。

8月10日の更新以降、SARS-CoV-2の懸念される変異株に対するワクチンの有効性を評価した注目すべき研究が4件あります。カタールで行われた検査で陰性の症例対照研究(プレプリント)では、デルタによる症候性および重症のCOVID-19疾患に対するmRNAワクチンの有効性が評価されました。2回目の投与から14日以上経過した症候性デルタ感染に対するVEは、ファイザー・バイオンテックのコミナティで56.1%(95%CI:41.4~67.2%)、モデルナ-mRNA-1273で85.8%(95%CI:70.6~93.9%)でした。ファイザー・バイオンテックのコミナティのVEが低いのは、デルタに対するVEが低いこと、および/または、時間の経過とともに保護効果が薄れていることで説明できます。ファイザー・バイオンテックのコミナティのデルタによる症候性疾患に対するVEは、英国およびカナダで実施された研究よりも低く、投与間隔が長いためであり、研究対象のほとんどが、カタールでの研究では3ヶ月より後に2回目の投与を受けたからでした。この研究では、モデルナ-mRNA-1273ワクチンでは同じようなVEの低下は観察されませんでした。これは、このワクチンがカタールに導入されたのがファイザー・バイオンテックのコミナティよりも3か月遅かったことと、投与間隔がわずかに長かった(つまり、3週間ではなく4週間)ことによると考えられます。第三に、著者らが指摘しているように、カタールにおける規制の適用の差がVEの低下に寄与している可能性があります。カタールでは、ワクチンを接種した人に対しては規制が緩和され、ワクチンを接種していない人に対しては規制が維持されています。重要なことは、デルタによる入院と死亡に対するVEは、両ワクチンともに高い水準を維持していたことです(VEは97〜100%)。最後に、この研究ではSARS-CoV-2感染の既往歴のある人が除外されていませんが、これはワクチンを接種していない集団のかなりの割合が自然免疫を持っている場合、VEの推定値を下方に偏らせる可能性があります。

アメリカで行われた2つの研究では、デルタが多発する期間(2021年6月~7月)におけるファイザー・バイオンテックのコミナティとモデルナ-mRNA-1273ワクチンのVEを評価しました。1つ目のレトロスペクティブコホート研究では、デルタが優勢な2021年6月~7月の間に、2021年3月~5月の期間と比較して、老人ホームの入居者の感染に対するVEが低下していました。2021年6~7月の感染症に対するVEは、ファイザー・バイオンテックのコミナティとモデルナ-mRNA-1273ワクチンで、それぞれ52.4%(95%CI:48.0~56.4%)と50.6%(95%CI:45.0~55.7%)でした。3~5月の対応VEは、74.2%(95%CI:69.0~78.7%)、74.7%(95%CI:66.2~81.1%)。後半の時期にVEが減少したのがデルタ株によるものなのか、それとも防御機能が低下したためなのかはわかりません。 2つ目の研究は、18歳以上の成人を対象とした症例対照研究で、ファイザー・バイオンテックのコミナティまたはモデルナ-mRNA-1273ワクチンのVEを調べたところ、デルタ株が優勢な時期には、デルタ株以前の時期(VE87%、95%CI:83-90%)と比較して、2回目の投与後14日以上の入院に対する防御効果が維持されていました(VE84%、95%CI:79-89%)。

4つ目の研究は英国で行われたもので,無作為に選ばれた世帯を対象とした大規模な調査により、18歳以上の成人のSARS-CoV-2感染(無症候性および症候性)に対するファイザー・バイオンテックのコミナティとアストラゼネカのVaxzevriaワクチンのVEを評価したものである。本研究では、アルファの流行が高い時期のVEと、デルタの流行が高い時期のVEを比較しています。その結果、アストラゼネカのVaxzevriaワクチンは、デルタが最も優勢な時期には、アルファが優勢な時期に比べて効果が低下する可能性が示されました。67%(95% CI: 62-71%)対 79%(95% CI: 56-90%)。ファイザー・バイオンテックのコミナティでは減少は見られませんでした。VEは、アルファが優勢な時期には78%(95%CI:68-84%)、デルタが最も優勢な時期には80%(95%CI:77-83%)でした。両ワクチンの1回投与の有効性は著しく低く、アルファ株とデルタ株が優勢であった期間にファイザー・バイオンテックのコミナティでは両期間とも60%近くのVE、アストラゼネカのVaxzevriaではそれぞれ63%と46%のVEでした。また、この研究では、デルタ株が優勢であった期間のSARS-CoV-2に対するモデルナ-mRNA-1273の1回投与のVEは75%(95%CI:64%~83%)と推定されており、他のワクチンよりも高い値となっていますが、これはモデルナ-mRNA-1273を接種したのが若年層であったことが一因であると考えられます。 これらの研究を総合すると、デルタによるCOVID-19の重症疾患に対する高い防御力が維持されているエビデンスを示しています。SARS-CoV-2感染および非重症疾患に対するVEがデルタによって低下する可能性があるというエビデンスがいくつかありますが、デルタの効果を、潜在的な免疫力の低下、ワクチン接種を受けた集団と受けていない集団との間の曝露プロファイルのリスクの差、ワクチン接種を受けていない集団における自然免疫のレベルの上昇による偽りの低いVE、またはその他の潜在的な交絡因子の効果から分離することは現在のところ不可能です。

図4. 2021年8月24日現在、アルファ、ベータ、ガンマ、デルタの各変異株を報告している国、領域、地域**

WHO 地域別概要- 疫学的な週間 2021年8月16日~22日
アフリカ地域
この地域では、先週と同程度の症例数が報告されており、今週は158,500件以上の新規症例が報告されました。全体として、7月5日以降、この地域の週間新規症例数は減少傾向にあります。今週は、週間新規症例数の約半数(53%)が南アフリカから報告されました。週間新規死亡者数は過去4週間連続で減少しており、今週は先週に比べて大幅に減少(11%減)し、3900人強が報告されました。49の国・地域のうち17の国・地域で週間患者数の増加が報告され、ベナンとサントメ・プリンシペで最も高い増加が報告されました。
今週、新規患者数が最も多かったのは、南アフリカ(新規患者数84778人、人口10万人当たりの新規患者数142.9人、18%増)、ボツワナ(新規患者数9703人、人口10万人当たりの新規患者数412.6人、32%減)、ケニア(新規患者数8425人、人口10万人当たりの新規患者数15.7人、5%減)でした。新規死亡者数が最も多かったのは、南アフリカ(2382人、人口10万人あたり4.0人、6%増)、アルジェリア(218人、10万人あたり1人未満、22%減)、ケニア(148人、10万人あたり1人未満、27%減)でした。

アメリカ地域
アメリカ地域では、前週に比べて新規患者数が160万人以上、新規死亡者数が2万2,000人弱と、それぞれ8%、10%増加しました。この増加は、主に米国での患者数の増加によるもので、今週報告された全新規患者数の63%を占めました。全体として、この地域では過去3週間にわたって患者数の増加が続いています。南米では、ほとんどの国で新規感染者数が減少しましたが、エルサルバドルとコスタリカでは先週に比べてそれぞれ45%、6%増加しました。 新規症例数が最も多かったのは、米国(1,020,072件、10万人当たり308.2件、15%増)、ブラジル(209,099件、10万人当たり98.4件、1%減)、メキシコ(128,779件、10万人当たり99.9件、4%増)でした。同様に、新規死亡者数が最も多かったのは、米国(6712人、10万人あたりの新規死亡者数は2.0人、58%増)、ブラジル(5649人、10万人あたりの新規死亡者数は2.7人、7%減)、メキシコ(4666人、10万人あたりの新規死亡者数は3.6人、27%増)でした。

東地中海地域
東地中海地域では、大多数の国(13/22; 59%)が減少傾向を報告し、5月末以来初めて10%の減少を報告し、今週の新規感染者数は45万人強となりました。これらの減少は、主にイラン・イスラム共和国、モロッコ、パキスタン、イラクで報告された新規症例数が減少したことによるものですが、この地域のすべての国では依然として感染が継続しており、症例数は減少しているとはいえ、ほとんどの国で依然として高い水準にあることに留意する必要があります。死者数が増加していた7週間後の今週、地域内では新たに7100人以上の死者が報告され、その数は前週とほぼ同じでした。22カ国のうち8カ国で、この7日間で死亡者数の増加が報告されました。
新規患者数が最も多かったのは、イラン・イスラム共和国(新規患者数:251 610人、10万人当たりの新規患者数:299.6人、7%減)、モロッコ(新規患者数:54 212人、10万人当たりの新規患者数:146.9人、16%減)、イラク(新規患者数:50 702人、10万人当たりの新規患者数:126.1人、21%減)でした。新規死亡者数が最も多かったのは、イラン・イスラム共和国(4146人、10万人あたり4.9人、11%増)、モロッコ(744人、10万人あたり2.0人、10%増)、チュニジア(630人、10万人あたり5.3人、30%減)でした。

欧州地域
欧州地域では、前週と同様に110万件以上の新規症例が報告されました。欧州地域では今週、1万2,000人弱の死亡者が報告されており、前週と比較して、全WHO地域の中で最大の増加率(11%)を示しています。先週の新規死亡者数の増加は、主にフランス(74%)、イタリア(54%)、トルコ(44%)で報告された死亡者数の増加によるものでした。 新規症例数が最も多かったのは、英国(新規症例数219,919件、10万人当たりの新規症例数324.0件、11%増)、ロシア連邦(新規症例数146,251件、10万人当たりの新規症例数100.2件、4%減)、トルコ(新規症例数137,235件、10万人当たりの新規症例数162.7件、16%減)でした。 新規死亡者数が最も多かったのは、ロシア連邦(5545人、10万人あたり3.8人、1%減)、トルコ(1322人、10万人あたり1.6人、44%増)、カザフスタン(930人、10万人あたり5.0人、0%減)でした。

東南アジア地域
東南アジア地域では、今週、614,000件以上の新規症例が報告されました。これは、前週と比較して16%の減少であり、WHOの全6地域の中で最大の減少率となりました。モルディブ、スリランカ、東ティモールではそれぞれ6%、40%、59%増加しましたが、すべての国で減少しました。今週、当地域で報告された新規死亡者数は17,000人で、前週に比べてそれぞれ10%減少しましたが、半数の国(5/10、50%)は引き続き増加を報告しています。 新規症例数が最も多かったのは、インド(新規症例数231 658件、10万人当たりの新規症例数16.8件、10%減)、タイ(新規症例数142 138件、10万人当たりの新規症例数203.6件、6%減)、インドネシア(新規症例数125 102件、10万人当たりの新規症例数45.7件、34%減)でした。新規死亡者数が最も多かったのは、インドネシア(8784人、10万人当たり3.2人、16%減)、インド(3142人、10万人当たり0.2人、7%減)、タイ(1768人、10万人当たり2.5人、31%増)でした。

西太平洋地域
西太平洋地域の新規感染者数は、今週も引き続き増加しており、前週比20%増の513 000件を超えました。地域別に見ると、18カ国中14カ国(78%)で増加傾向が見られましたが、マレーシア、ベトナム、日本、フィリピンで患者数が急増したことが、この地域の増加の大部分を占めています。先週、新たに報告された死亡者数は5900人弱で前週と同程度でしたが、地域の4分の1の国(6/24)では、新たに報告された死亡者数が比例して大幅に増加(30%未満)したと報告されました。
新規症例数が最も多かったのは、マレーシア(150 933件、10万人当たりの新規症例数は466.3件、7%増)、日本(149 057件、10万人当たりの新規症例数は117.9件、34%増)、フィリピン(96 724件、10万人当たりの新規症例数は88.3件、25%増)でした。新規死亡者数が最も多かったのは、ベトナム(新規死亡者数2103人、10万人あたりの新規死亡者数2.2人、4%減)、マレーシア(新規死亡者数1708人、10万人あたりの新規死亡者数5.3人、7%減)、フィリピン(新規死亡者数1526人、10万人あたりの新規死亡者数1.4人、24%増)でした。

主な今週の更新情報
WHO事務局長の主なメッセージ

– COVID-19に関する8月18日のメディアブリーフィングの冒頭で、事務局長は次のように呼びかけました。
・ブースター注射の一時停止により、医療従事者やリスクのあるコミュニティへのワクチン接種ができず、現在患者数が急増している国への供給を促進します。
・重度のCOVID-19で入院した患者の死亡率を低下させる効果があるインターロイキン-6阻害薬を公平に配分します。

– 8月19日、事務局長は開会の挨拶の中で、新たな感染症の発生源をより体系的に特定するために、常設の「新規病原体の起源に関する国際科学諮問グループ(SAGO)」を設置することについて説明しました。SAGOは、SARS-CoV-2の起源を含め、新たな病原体の出現を研究する上で重要な役割を果たすことになります。

*各記事の翻訳はWHOによるものではありません。(WHOのポリシーにもとづく掲示)
*翻訳文は当チームが翻訳を行った時点のWHOサイト掲載内容にもとづくもので暫定的な情報です。各記事に原文へのリンクを掲載しています。原文記載の発表日および当サイトでの翻訳日を各記事に記載していますので参照してください。
*セカンドチェックを行っていない1次翻訳の状態の場合があります。翻訳記事を利用する際は、各施設および個人の臨床医の判断と責任下で行ってください。 下記の「翻訳ポリシー・記事内容の利用について」のページもご参照ください。

次へ 投稿

© 2020-2021 COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

このサイトについて