COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

有志医療者による海外論文の翻訳、医療情報

WHO_授乳と新型コロナウイルス

翻訳日:2020/07/18

原文:Breastfeeding and COVID-19

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と授乳

Scientific Brief(科学的事項に関する短い報告)
2020年6月23日版

イントロダクション

母乳育児は、乳児と幼児の生存、栄養と発達、母体の健康の礎となるものです。世界保健機関(WHO)は、生後6ヶ月間は母乳育児を推奨しており、その後、適切な補完食品を用いた母乳育児を2年またはそれ以上まで継続することを推奨しています1 。早期かつ継続的な母子皮膚接触、ルームイン2、カンガルー・マザーケア3 もまた、新生児の生存率を大幅に向上させ、罹患率を低下させ、WHOによって推奨されています。

しかし、COVID-19の母親が母乳育児を通じてSARS-CoV-2ウイルスを乳児や幼児に感染させる可能性があるかどうかについて懸念が提起されています。母子接触および母乳育児に関する勧告は、乳児へのCOVID-19感染の潜在的リスクだけでなく、母乳育児を行わないことに伴う罹患率および死亡率のリスク、乳児用ミルクの不適切な使用、および皮膚間接触による保護効果を十分に考慮した上で行われなければならなりません。この科学的報告は、母乳育児を通じたCOVID-19の感染母体から赤ちゃんへの感染のリスク、および母乳育児を行わないことによる子どもの健康へのリスクに関するこれまでのエビデンスを検証しています。

WHOの推奨

WHOは、COVID-19が疑われる、または確認された母親には、母乳育児を開始する、または継続することを推奨しています。母親は、母乳育児の利点が感染の潜在的なリスクを大幅に上回ることを説明されるべきです4。

母親と乳児は、COVID-19 の疑いがあるか確認されたかにかかわらず、昼夜を問わず同室にいる間は一緒にいられるようにし、特に出生直後から母乳育児を開始するまでの間は、カンガルー・マザーケアを含めたスキン・ツー・スキン・コンタクトを実践すべきである。

Methods 方法

介入のシステマティックレビューのためのコクランハンドブックの手順に従ったエビデンスの生きたシステマティックレビューが、COVID-19が疑われるまたは確認された母親とその乳児または幼児を含む研究を同定するために、2020年5月15日に行われた最新の検索で実施された5。合計12,198件のレコードが検索され、6945件が重複を除去した後にスクリーニングされ、母親がCOVID-19を有する153件の論文が全文レビューに含まれた。

Results 結果

合計46人の母乳と乳児のダイアドで、母乳サンプルのCOVID-19検査が行われた。すべての母親がCOVID-19を有していたが、13人の乳児はCOVID-19陽性であった。43人の母親の母乳サンプルはCOVID-19ウイルスに対して陰性であったが、3人の母親のサンプルはRT-PCRでウイルス粒子に対して陽性であった。母親の母乳が生ウイルスではなくウイルス性RNA粒子で陽性を示した3人の乳児のうち、1人の乳児がCOVID-19で陽性を示したが、乳児への給餌方法は報告されていなかった。他の2人の乳児はCOVID-19が陰性であった;1人は母乳で育てられ、もう1人の新生児はウイルスRNA粒子が検出されなくなった後に発現母乳を与えられた。COVID-19を発症した1人の乳児では、どのような経路で感染したのか、すなわち、母乳や感染した母親との接触による飛沫を介して感染したのかは不明であった。

プレプリント論文では、COVID-19ウイルスに対する分泌性免疫グロブリンA(sIgA)免疫反応が、COVID-19を持つ母親の母乳サンプル15検体中12検体から検出されたと報告されています6。

Limitations 限界

これまでのところ、COVID-19 感染を持つ母体と乳児の授乳に関する研究は、症例報告、症例シリーズ、または家族集団の報告に基づくものである。コホート研究や症例対照研究など、他の研究デザインの研究も対象としようとしたが、そのような研究は同定されなかった。したがって、現時点では授乳習慣に基づく感染リスクを測定し、比較することはできない。

母乳中のウイルス粒子を持つ母親の乳児 3 人のうち 1 人が COVID-19 を持っていたが、その乳児がどの経路または感染源から感染したのか、すなわち、母乳育児や母親やその他の感染者との密接な接触によって感染したのかは不明であった。RT-PCRは、母乳などのサンプル中のウイルス遺伝物質を検出して増幅するが、ウイルスの生存可能性や感染性に関する情報は得られない。母乳を感染性の可能性があるものとみなすためには、母乳からの細胞培養物中の複製性COVID-19ウイルスを報告した論文や動物モデルにおける感染性の証明などが必要である。

母乳中のIgAの存在は、母乳育児が感染および死から乳児を保護する方法の一つである。COVID-19ウイルスに対する反応性を有するIgA抗体は、COVID-19に以前に感染した母親の母乳中に検出されているが、その強度および耐久性については、まだ十分な研究がなされていない。

Discussion ディスカッション

母乳中のCOVID-19ウイルスRNAの検出は、生存可能な感染性ウイルスの発見とは異なる。COVID-19の感染には、複製性のある感染性ウイルスが乳児の標的部位に到達し、乳児の防御システムを克服することが必要である。

感染リスクの意味合いは、母乳育児中の母親におけるCOVID-19の有病率、および感染が発生した場合の乳児へのCOVID-19感染の範囲と重症度、代用母乳の使用や新生児や幼い乳児を母親から分離することによる有害性と比較して考える必要があります。

小児は COVID-19 のリスクが低いと考えられます。子供のCOVID-19感染が確認された症例のうち、ほとんどが無症候性または軽度の状態を経験しています。7,8 これは他の人獣共通感染性コロナウイルス(SARS-CoVおよびMERS-CoV)にも当てはまり、成人に比べて小児への感染は少なく、症状も重症化も少ないようです9。

分泌性IgAは、COVID-19に感染したことのある母親の母乳から検出されています。COVID-19に反応するsIgAの強さと耐久性はまだ決定されていませんが、ラクトフェリンのような複数の生理活性成分が母乳中に含まれていることが確認されており、Lars A Hansonが1961年に初めて母乳中のsIgAを報告して以来、感染から保護するだけでなく、子供の神経認知および免疫学的発達を改善しています10-12。

皮膚と皮膚の接触とカンガルーによる母乳育児は、母乳育児を促進するだけでなく、体温調節、血糖コントロール、母子愛着を改善し、低出生体重児の死亡率と重度の感染症のリスクを減少させます13,14。母子接触のプラスの効果は新生児期を超えて、睡眠パターンの改善、子供の行動問題の発生率の低下、親子の関係性の質向上などの作用が含まれます。

母乳のみで育てられた乳児と比較して、母乳を与えていない乳児では死亡リスクが14倍になります17 。0~23ヶ月のすべての子どもに母乳を最適に与えれば、5歳未満の子どもたちの間で毎年82万人以上の子どもの命を救うことができます。母親にとって、母乳育児は乳がんを予防し、卵巣がんや2型糖尿病を予防する可能性があります。

Knowledge gaps 不足している知見

母乳を介してウイルスが感染するかどうかはまだ明らかになっていません。授乳の習慣に基づく感染のリスクは、母乳育児や母子相互作用の利点と比較して定量化されておらず、またモデル化されていません。

Conclusion 結論

現在のところ、母乳育児を介したCOVID-19の垂直感染を結論づけるのに十分なデータはありません。乳児では、COVID-19感染のリスクは低く、感染は典型的には軽度または無症状であるが、母乳を与えないことや母子分離の結果は重大である。この時点では、乳児と子供におけるCOVID-19感染は、母乳育児が保護する他の感染症よりも生存と健康に対する脅威がはるかに低いように見えます。感染を予防し、健康および発育を促進するための母乳育児および母子接触の利点は、保健および他の地域社会のサービス自体が中断されているか、または制限されている場合に特に重要です。COVID-19の疑いまたは確認された母親とその新生児および幼児との間の接触感染を防ぐためには、感染予防および管理措置の遵守が不可欠である。

現在利用可能なエビデンスに基づき、乳児および幼児の母乳育児の開始と継続に関するWHOの勧告は、COVID-19が疑われるまたは確認された母親にも適用されます。

*各記事の翻訳はWHOによるものではありません。(WHOのポリシーにもとづく掲示)
*翻訳文は当チームが翻訳を行った時点のWHOサイト掲載内容にもとづくもので暫定的な情報です。各記事に原文へのリンクを掲載しています。原文記載の発表日および当サイトでの翻訳日を各記事に記載していますので参照してください。
*セカンドチェックを行っていない1次翻訳の状態の場合があります。翻訳記事を利用する際は、各施設および個人の臨床医の判断と責任下で行ってください。 下記の「翻訳ポリシー・記事内容の利用について」のページもご参照ください。

References 参考資料

  1. World Health Organization, UNICEF. Global Strategy for Infant and Young Child Feeding. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2003.
  2. World Health Organization. Guideline: protecting, promoting and supporting breastfeeding in facilities providing maternity and newborn services. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017.
  3. World Health Organization. WHO recommendations on interventions to improve preterm birth outcomes. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015.
  4. World Health Organization. Clinical management of COVID-19: Interim guidance (27 May 2020). Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2020.
  5. Centeno-Tablante E, Medina-Rivera M, Finkelstein JL, Rayco-Solon P, Garcia-Casal MN, Ghezzi-Kopel K, Rogers L, Peña-Rosas JP, Mehta S. Transmission of novel coronavirus-19 through breast milk and breastfeeding. A living systematic review of the evidence. PROSPERO 2020 CRD42020178664.
  6. Fox A, Marino J, Amanat F, Krammer F, Hahn-Holbrook J, Zolla-Pazner S, Powell RL. Evidence of a significant secretory-IgA-dominant SARS-CoV-2 immune response in human milk following recovery from COVID-19. medRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.05.04.20089995.
  7. Wu Z, McGoogan JM. Characteristics of and Important Lessons from the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in China: Summary of a Report of 72 314 Cases From the Chinese Center for .Disease Control and Prevention. JAMA. Published online February 24, 2020. doi:10.1001/jama.2020.2648
  8. Zimmermann P, Curtis N. COVID-19 in Children, Pregnancy and Neonates, The Pediatric Infectious Disease Journal: June 2020 – Volume 39 – Issue 6 – p 469-477 doi: 10.1097/INF.0000000000002700.
  9. Zimmermann P, Curtis N. Coronavirus Infections in Children Including COVID-19: An Overview of the Epidemiology, Clinical Features, Diagnosis, Treatment and Prevention Options in Children. Pediatr Infect Dis J. 2020;39(5):355‐368. doi:10.1097/INF.0000000000002660.
  10. Hanson LA. Comparative immunological studies of the immune globulins of human milk and of blood serum. Int Arch Allergy Appl Immunol. 1961;18:241‐267. doi:10.1159/000229177.
  11. Peroni DG, Fanos V. Lactoferrin is an important factor when breastfeeding and COVID-19 are considered. doi:10.1111/APA.15417.
  12. Bardanzellu F, Peroni DG, Fanos V. Human Breast Milk: Bioactive Components, from Stem Cells to Health Outcomes. Curr Nutr Rep. 2020;9(1):1‐13. doi:10.1007/s13668-020-00303-7.
  13. Moore ER, Bergman N, Anderson GC, Medley N. Early skin‐to‐skin contact for mothers and their healthy newborn infants. Cochrane Database of Systematic Reviews 2016, Issue 11. Art. No.: CD003519. DOI: 10.1002/14651858.CD003519.pub4.
  14. Conde‐Agudelo A, Díaz‐Rossello JL. Kangaroo mother care to reduce morbidity and mortality in low birthweight infants. Cochrane Database of Systematic Reviews 2016, Issue 8. Art. No.: CD002771. DOI: 10.1002/14651858.CD002771.pub4.
  15. Korja R, Latva R, Lehtonen L. The effects of preterm birth on mother-infant interaction and attachment during the infant’s first two years. Acta Obstet Gynecol Scand. 2012;91(2):164-73.
  16. Howard K, Martin A, Berlin LJ, Brooks-Gunn J. Early mother-child separation, parenting, and child well-being in Early Head Start families. Attach Hum Dev. 2011;13(1):5-26.
  17. Sankar, M.J., Sinha, B., Chowdhury, R., Bhandari, N., Taneja, S., Martines, J., Bahl, R., Optimal breastfeeding practices and infant and child mortality: a systematic review and meta-analysis, Acta Paediatric 2015;104:3–13.
  18. Victora CG, Bahl R, Barros AJD, França GVA, Horton S, Krasavec A, et al. Breastfeeding in the 21st century: epidemiology, mechanisms, and lifelong effect. Lancet 2016;387:475-90. doi.org/10.1016/S0140- 6736(15)01024-7.

WHO continues to monitor the situation closely for any changes that may affect this interim guidance. Should any factors change, WHO will issue a further update. Otherwise, this scientific brief will expire 2 years after the date of publication.

WHOは、この暫定ガイダンスに影響を与える可能性があるあらゆる変化に対し、状況の監視を注意深く継続する。変化が生じた場合、WHOは更新版を発表する。そうでない場合、この暫定ガイダンスは発行日から2年をもって失効とする。

© World Health Organization 2020. Some rights reserved. This work is available under the
CC BY-NC-SA 3.0 IGO licence.

WHO reference number: WHO/2019-nCoV/Sci_Brief/Breastfeeding/2020.1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

このサイトについて