COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

有志医療者による海外論文の翻訳、医療情報

SPRN_COVID-19患者の手術時の感染制御ガイダンス

翻訳日:2020/03/08

原文: What we do when a COVID-19 patient needs an operation: operating room preparation and guidance

図2. 

To the editor (レター論文)

COVID-19に関するWaxとChristian 1による最近のレビューを興味を持って読みました。シンガポールでのCOVID-19の最初の症例は、2020年1月23日に確認されました。2世界保健機関は、シンガポールが中国本土以外のどの国よりもCOVID-19の症例が多かったと報告しました。3手術で来院するCOVID-19確定症例または疑い患者が手術に来る際の手術室(OR)を準備のための病院のプロトコルを共有したいと考えています。

手術施設の隅にある陰圧環境の手術室は、すべてのCOVID-19確定(または疑い)症例に使用される。手術室は、実際には相互接続された5つの部屋で構成されており、そのうち前室と麻酔導入室のみが陰圧になっています。手術室、準備室、スクラブ室にはすべて陽圧がかかっています(電子補足資料[ESM]の図1)。感染のリスクを最小限に抑えるには、手術室内の気流を理解することが重要です。

図1.

同じ手術室と同じ麻酔器は、流行の期間中COVID-19症例にのみ使用されます。追加の熱水分交換器(HME)フィルターは、回路の呼気側に配置されます。HMEフィルターとソーダライムの両方は、症例ごと変えられます。麻酔薬の台車は導入室に設置されています。各手術の開始前に、麻酔科医は、処置中に薬物台車の取り扱いせずにすませるため、手術麻酔に必要なすべての薬物と機器をトレイに置きます。それにもかかわらず、追加の薬物が必要な場合は、手指衛生と手袋の交換を行ってから導入室に入り薬剤台車を取り扱います。

完全に補充された気道管理用台車も導入室に置かれます。可能な限り、使い捨ての器具が使用されます。気道確保は複数回の挿管操作を避けるため、ビデオ喉頭鏡を使用するなど、1回で成功する可能性が最も高い方法で行う必要があります。4 BISモニターや輸液ポンプなど、供給が限られている必要になる場合がありますが、使用後は完全に拭く必要があります。

図は、各手術室チームメンバーの役割と責任の詳細を示しています。病院のセキュリティは、病棟または集中治療室(ICU)からエレベーターを含む手術室までの経路から人を避難させる責任があります。病棟から手術室への移動は、適切なN95マスク、ゴーグルまたはフェイスシールド、防滴ガウン、およびブーツカバーを含む完全な個人用保護具(PPE)を装着した病棟看護師によって行われます。ICUから来る患者には、専用の輸送用人工呼吸器が使用されます。エアロゾル化を回避するために、回路を付け替えるときはガスの流れをオフにし、気管内チューブを鉗子ではさんで行います。ICUの担当者は、移動用の動力付き空気浄化マスク(PAPR)を備えた完全PPEを着用しています。

導入室では、患者の2 m以内のすべての職員が、麻酔の誘導および覚醒中PAPRが着用します。気管切開などの外科的気道確保処置では、すべてのスタッフが処置中ずっとPAPRを装着します。その他の処置では局所麻酔が望ましいですが、もし全身麻酔が必要になった場合は、管理の原則は以前に公開されたものと同様です。14

手術中、追加の薬剤または機器が必要な場合、runnerは手術室の外に待機しています。必要な器具は台車に載せられ、台車は前室に置かれ手術チームが回収する。この同じプロセスを逆に使用して、動脈血ガスサンプルや凍結切片標本などの標本を出します。Runnerは、前室に入るときにPPEを着用します。

手術室を出る人員は、前室で使用済みのガウンと手袋を捨て、手術室を出る前に手指衛生を行います(ESM、図2)。PAPRは、前室の外で外されます。術後ICUを必要としない患者は、手術室で完全に覚醒します。患者が退室する準備ができると、隔離病棟またはICUへのルートはセキュリティによって再度人払いされます。

ORスタッフが患者を病棟に送り返し、すべての表面、スクリーン、キーボード、ケーブル、モニター、および麻酔器の除染を行うため、症例間に最低1時間を要します。薬剤トレイおよび気道管理用台車上の未使用のアイテムはすべて、汚染され廃棄されていることになります。すべてのスタッフは、通常の業務を再開する前にシャワーを浴びなければなりません。追加の予防策として、COVID-19確定症例後、過酸化水素気化器を使用して手術室の除染を行います。

要約すると、医療従事者はコロナウイルス感染のリスクが高いため、包括的で堅牢な感染制御ワークフローが導入されています。5

*記事はセカンドチェックを行っていない1次翻訳の状態の場合があります。翻訳記事を利用する際は、各施設および個人の臨床医の判断と責任下で行ってください。 下記の「翻訳ポリシー・記事内容の利用について」のページもご参照ください。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

テーマの著者 Anders Norén