COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

有志医療者による海外論文の翻訳、医療情報

WHO_職場でのCOVID-19感染予防対策

翻訳日:2020/03/05

原文: Getting your workplace ready for COVID-19

職場でのCOVID-19感染予防対策

2020年1月、世界保健機関(WHO)は、中国湖北省での新型コロナウイルス感染症のアウトブレイクを公衆衛生上の緊急事態であると宣言しました。WHOは2019コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中の他の国に拡大するリスクが高いと述べました。

WHOおよび世界中の公衆衛生当局は、COVID-19のアウトブレイクを封じ込めるために行動をおこしています。しかし、長期的な成功は保証されていません。この疾患の蔓延を食い止めるためには、企業や雇用主を含む社会のすべての部門が一丸となって役割を果たす必要があります。

COVID-19はどのように蔓延するか

COVID-19を保菌している人が息を吐いたり咳をすると、ウイルスを含んだ液体の飛沫が放出されます。ほとんどの飛沫は近くの物体の表面(机、テーブル、電話など)に落下します。汚染された物体の表面に触れてから目・鼻・口を触ることで、COVID-19に感染します。COVID-19に感染した人の1m以内に立っていると、感染者の咳や呼気に含まれた飛沫を吸い込むことでCOVID-19に感染します。つまり、COVID-19はインフルエンザと同じ方法で蔓延するのです。COVID-19に感染した人のほとんどは、軽い症状が出るだけで回復します。しかし、重症化し入院治療が必要な人もいます。重症化のリスクは年齢とともに上昇します。40歳以上の人は、40歳未満の人より重症化しやすいです。免疫が低下している人や、糖尿病・心疾患・呼吸器疾患のある人も重症になりやすいです。

職場でCOVID-19蔓延を食い止める簡単な方法

低コストでできる以下の対策により、風邪、インフルエンザや胃腸炎などの職場での感染拡大を防ぎ、顧客、取引業者、従業員を守ることができます。

COVID-19が事業を行っている地域にまだ到達していなくても、雇用主は以下の内容をただちに開始してください。

もし職場にCOVID-19が到達した場合でも、以下の対策によって、感染症によって損失をうける労働日数を減らしたり、COVID-19の蔓延を遅らせることができます。

• 職場が清潔で衛生的であることを確認する。

o 机やテーブルなどの表面や電話やキーボードなどの物体を定期的に消毒剤で拭く。

o 従業員や顧客が触れる表面の汚染は、COVID-19の主な蔓延方法の一つであるためです。

• 従業員、取引業者、顧客に定期的かつ徹底的な手洗いを促す。

o 擦式手指消毒剤を職場の目立つところに置いておく。消毒剤が定期的に補充されていることを確認する。

o 手洗いを推奨するポスターを掲示する。ポスターについては、地元の公衆衛生当局に問い合わせるか、www.WHO.int.をご覧ください。

o 労働安全衛生担当者から提供されるガイダンス、会議での説明やイントラネットでの情報提供と組み合わせて、手洗いを促進する。

o 従業員、取引業者、顧客が石けんと水で手を洗える場所に行けることを確認する。

o 手洗いによって手に付着したウイルスを殺菌しCOVID-19の蔓延をふせぐことができるためです。   

  • 職場での呼吸器衛生の遵守を促進する。

o 呼吸器衛生を推進するポスターを掲示する。ポスター掲示に加え、労働安全衛生担当者から提供されるガイダンス、会議での説明やイントラネットでの情報提供等のコミュニケーション手段を用いる。

o 鼻水や咳が出ている人のために、フェイスマスクやペーパータオルに加え、これらを衛生的に廃棄できるように蓋のついたごみ箱が職場で使用できるのを確認する。

o 呼吸器衛生を遵守することによりCOVID-19の蔓延をふせぐことができるためです。

• 従業員と取引業者に、出張に出かける前に、国の渡航勧告を参照するよう助言する。

• 従業員、取引業者、顧客に、COVID-19が地域内で蔓延し始めた際は、軽度の咳や微熱(37.3℃以上)でも自宅にとどまるよう説明する。パラセタモール/アセトアミノフェン、イブプロフェンやアスピリンなどの薬を内服し、症状が目立たなくなってしまった場合も、自宅で休まなければ(もしくは自宅で仕事をしなければ)ならない。

o COVID-19の軽度な症状があるだけでも、自宅にとどまる必要があるというメッセージを伝え続ける。

o 上記のメッセージを記したポスターを職場に掲示する。職場や業界で頻繫に利用するコミュニケーションチャネルでも併せて通知する。

o 労働衛生サービス、地元の公衆衛生当局やその他のパートナーが、このメッセージを促進するためのキャンペーン資料を作成している可能性がある。

o 休んだ期間を病気休暇に計上できることを従業員に名言する。

  1. N95マスクではなく、通常のサージカルマスクを使用する。

雇用主および従業員が旅行する際に考慮すべき事項

• 旅行前

o 組織と従業員がCOVID-19の蔓延している場所に関する最新の情報を入手していることを確認する。最新の情報はこちらから入手できます。https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports/

o 最新の情報にもとづき、今後の旅行計画に関する利益とリスクを評価する必要がある。

o 重症化するリスクの高い従業員(例:高齢の従業員および糖尿病、心疾患や呼吸器疾患のある従業員)をCOVID-19の蔓延する地域に派遣するのは避ける。

o COVID-19が報告された地域に旅行するすべての人は、資格を持った専門家(医療サービスの職員、医療従事者、地元の公衆衛生パートナー)の説明を受けるようにする。

o 旅行する予定の従業員にアルコールベースの手指消毒剤の小さなボトル(1L以下)の携行を勧めるのを考慮する。消毒剤を持ち歩くことにより、定期的な手洗いが容易になる。

• 旅行中

o 従業員に、定期的に手を洗うことと、咳やくしゃみをしている人から1m以上距離をおくことを勧める。

o 従業員が旅行中に体調を崩した場合の対処方法と連絡先を確認する。

o 従業員が旅行先の地方自治体からの指示に従うようにする。例えば、地方自治体からどこかに出かけないように指示された場合は、それに従わなければなりません。従業員は、旅行、移動、大規模な集会に関する現地の規制を遵守する必要があります。

• 旅行から戻った後:

o COVID-19が蔓延している地域から戻った従業員は、14日間症状を経過観察し、1日2回体温を測定する必要がある。

o 軽い咳や微熱(体温37.3℃以上)が出た場合、家で自己隔離をする必要がある。これは、家族を含む他の人との濃厚接触(1m以内)を避けることを意味します。かかりつけの医療従事者や地元の保健所に電話し、最近の旅行や症状について詳しく連絡する必要もあります。

地域にCOVID-19が到達した場合に準備しておくこと

• 職場でCOVID-19疑い患者が出た場合にどう対処するか、計画を立てる。

o 患者を職場の他の人から隔離できる部屋や場所に収容したり、患者や地元の保健所と接触する人の数を制限することを計画に含める。

o 職場でスティグマや差別が生じることなくリスクのある人を特定し、支援する方法を検討する。これには最近COVID-19が報告された地域を旅行した人や重症化のリスクが高い人(例:糖尿病患者、心疾患患者、呼吸器疾患患者、高齢者)が含まれる。

o計画を策定していることと介入を必要していることを、地元の公衆衛生当局に伝える。

• 組織全体で定期的なテレワークを推進する。地域でCOVID-19のアウトブレイクがあった場合、保健所から、公共交通機関や人混みを避けるよう指示が出る場合があります。テレワークは、従業員の安全を確保しながら事業の運営を支援します。

• 事業を運営している地域でのアウトブレイクに備えて、緊急時および事業継続の計画を立てる。

oこの計画は、組織が、職場や地域でCOVID-19のアウトブレイクが起こる可能性に対して備えるのに役立ちます。ほかの健康上の緊急事態にも役立つ可能性があります。

o この計画は、多数の従業員、取引業者および納入業者が出張の制限や疾患のため事業所に来ることができなくても、事業の運営を継続する方法について言及する必要があります。

o この計画について従業員や取引業者に連絡し、彼らが計画の下で何をすべきか、または何をすべきではないかを認識していることを確認します。たとえ軽症であったり、症状を目立たなくする可能性のある簡単な薬(例:パラセタモール、イブプロフェン)を内服しなければならなかったりしても、仕事を休まなければならないといった、重要事項を強調してください。

o 計画が、職場や地域でのメンタルヘルスや社会的影響に対処し、情報や支援を提供していることを確認してください。

o 社内スタッフへの福利厚生のない中小企業では、緊急事態に先立ち地元の保健・社会福祉事業者とパートナーシップを結び、計画を立てるようにしてください。

o 地元や国の公衆衛生当局が、計画の立案にあたって、支援やガイダンスを提供してくれるかもしれません。

最後に:

COVID-19に備えるのは今しかありません。簡単な予防措置と計画によって大きな違いが出ます。今、行動をおこすことで、従業員と事業を守ることができるのです。

最新の情報を入手するには:

COVID-19の蔓延している地域に関するWHOからの情報は、こちらをご覧ください。

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports/

COVID-19に関するWHOからのアドバイスとガイダンスは、こちらをご覧ください。

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019

https://www.epi-win.com/

*各記事の翻訳はWHOによるものではありません。(WHOのポリシーにもとづく掲示)
*翻訳文は当チームが翻訳を行った時点のWHOサイト掲載内容にもとづくもので暫定的な情報です。各記事に原文へのリンクを掲載しています。原文記載の発表日および当サイトでの翻訳日を各記事に記載していますので参照してください。
*セカンドチェックを行っていない1次翻訳の状態の場合があります。本記事の利用については、各施設および個人の臨床医の判断と責任下で利用してください。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

テーマの著者 Anders Norén