COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

有志医療者による海外論文の翻訳、医療情報

JAMA_台湾のCOVID-19封じ込めにおける症例ベースと集団ベースの介入の推定有効性の比較

翻訳日:2021/4/17

原文:Comparison of Estimated Effectiveness of Case-Based and Population-Based Interventions on COVID-19 Containment in Taiwan

質問 一人当たりの発生率と死亡率が世界で最も低い台湾でのCOVID-19制御の初期の成功の理由は何ですか?

調査結果 詳細な疫学データと接触追跡データを使用したこの比較効果調査研究では、症例ベースの介入(接触追跡と検疫を含む)も集団ベースの介入(社会的距離(ソーシャルディスタンス)とフェイスマスクを含む)もCOVID-19には十分であると推定されませんでした 。症例ベースと集団ベースの介入の組み合わせが必要でした。

意義 症例ベースの介入と集団ベースの介入を組み合わせて広く遵守することで、台湾でのCOVID-19制御の成功を説明できるかもしれません。

概要
重要性 台湾は、厳格な封鎖や学校閉鎖なしにCOVID-19制御に最初に成功した数少ない国の1つです。その理由はまだ完全に解明されていません。

目的 台湾でのCOVID-19に対する症例ベース(接触追跡と検疫を含む)と集団ベース(社会的距離とフェイスマスクを含む)の介入の有効性を比較および評価する。

デザイン、設定、および参加者 本比較効果試験では、2020年4月から12月までの253日間、現地でのCOVID-19の感染症例が報告されなかった人口2,360万人の島国、台湾のCOVID-19の流行データを用いて、確率的分岐過程モデルを使用しました。

主な成果と指標 COVID-19の実効再生産数(1人の一次感染者から発生する二次感染者の数)と、アウトブレイク消滅確率(20世代以内に新規感染者が0人)。モデルの開発と較正のために,潜伏期(曝露から症状が出るまでの期間)、serial interval(感染者と被感染者のペアで症状が出るまでの期間)、1人の一次感染者から発生する後続感染者の数の統計的分布を推定しました。

結果 本研究では、COVID-19の感染が確認された158例(年齢中央値45歳、四分位範囲25~55歳、男性84名[53%])のデータを解析しました。感染発症例の推定55%(95%信頼区間[CrI]、41%~68%)は、発症前の段階で発生していました。我々の推定分析では,症例の検出,接触者の追跡,(症状の有無にかかわらず)密接な接触者の14日間の隔離により,再生産数は反事実(介入なしの仮想再生産数)上の値である2.50から1.53(95%CrI,1.50~1.57)に減少すると推定されましたが,1未満の値が必要とされる流行制御には十分ではありませんでした。今回の推定分析では、集団ベースの自主的な介入を単独で行った場合、再生産数は1.30(95% CrI, 1.03-1.58)に減少したと推定されます。症例ベースの介入と集団ベースの介入を併用すると、再生産数は1以下に減少すると推定されました(0.85;95%CrI,0.78-0.89)。インフルエンザのデータを用いた追加解析や感度解析でも結果は同様でした。

結論と関連性 今回の比較効果研究では、症例ベースの介入と集団ベースの介入(幅広い遵守を伴う)の組み合わせが、2020年の台湾におけるCOVID-19制御の成功を説明していると考えられます。効果的な公衆衛生システムと包括的な接触者追跡プログラムを有する国であっても、どちらかのカテゴリーの介入だけでは不十分であったと考えられます。COVID-19のパンデミックを緩和するには、公衆衛生の専門家と一般市民が協力して取り組む必要があります。

導入
COVID-19のパンデミックの際、一部の国では、厳重なロックダウンや国境閉鎖など、医薬品以外の強力な介入により、流行の第一波を抑えることに成功しました。人口2,360万人の島国である台湾は、地理的にも経済的にも中国と密接な関係にあるため、当初はCOVID-19の高リスク国と考えられていました。それにもかかわらず、発生から約1年後、台湾は一人当たりのCOVID-19の発生率と死亡率が世界で最も低い国の一つとなりました。4月上旬から2020年12月までの253日間で、台湾発の症例は確認されませんでした。2021年2月28日の時点で、台湾では955人のCOVID-19感染者が確認されていますが、そのうち現地で感染したのは77人(8.1%)だけでした。COVID-19の封じ込めは、厳重なロックダウンや学校閉鎖なしに達成されたことは注目に値します。

台湾では、医療システムにひっ迫しないために、「封じ込め-緩和」または排除、戦略を実施しました。このアプローチには、国境管理、COVID-19患者に対する症例ベースの介入、一般市民に対する集団ベースの対策が含まれます。国境管理は、より良い準備をするための時間を稼ぎ、他国からの輸入症例数を制限するために不可欠な手段であり、輸入症例から生じる現地での感染を抑制するための介入も行われました。症例ベースの対策としては、感度の高いサーベイランスシステムによる症例の検出と隔離、確定した症例の接触者追跡による身近な人の二次感染の早期発見、(症状の有無にかかわらず)身近な人を14日間隔離することなどが挙げられます。集団ベースの対策としては、フェイスマスクの使用、個人の衛生管理、物理的な距離の取り方などが挙げられます。ほとんどの集団ベースの対策は、流行の初期段階では中央防疫指令センターから推奨されていましたが、パンデミックや地域的な流行の進展に伴って義務化されたものもあります(例:2020年4月以降の公共交通機関でのフェイスマスクの使用義務化)。

台湾はCOVID-19に対して最初の成功を収めましたが、パンデミックの初期から様々な対策が同時に実施されたため、どの介入が封じ込めに大きく貢献したかは依然として不明です。ワクチン接種プログラムは多くの国で急速に実施されていますが、集団免疫を獲得するためには、医薬品以外の介入の潜在的な効果をより深く理解し、さまざまな環境下での使用を最適化することが不可欠です。症例ベースまたは集団ベースの介入の有効性を検討したモデル研究はいくつかあります。しかし、ほとんどの研究では、具体的な現実世界の設定や一次データとの経験的な関連なしに、仮説的なシナリオをシミュレーションしています。本比較効果試験では、2020年4月から12月までの253日間、現地でのCOVID-19の感染症例が報告されなかった人口2,360万人の島国、台湾のCOVID-19の流行データを用いて、確率的分岐過程モデルを使用しました。我々は,感染モデルと詳細な疫学データおよび接触者追跡データを組み合わせて,台湾におけるCOVID-19を用いた様々な介入策の有効性を推定しました。今回の分析では、国境管理ではなく、輸入症例導入後の現地での感染に焦点を当てました。

方法
試験デザイン
我々は,症例ベースの介入(R_c),集団ベースの介入(R_p),およびその両方(R_pc)を行った場合の実効再生産数(1つの一次症例から発生する二次症例の数)を推定することで、症例ベースおよび集団ベースの介入の効果を定量化することを目指しました。この概念的な枠組みは、補足資料の図1に示されています。まず、COVID-19の自然史と、症例データに基づく医療機関の受診、隔離、検疫のプロセスを組み込んだ校正済みの感染モデルを用いて、入力された基本再生産数(R0、介入なし)が2~3の範囲にある場合の実効再生産数R_cを推定しました。次に、感染モデルを個別に再計算し、台湾におけるCOVID-19症例の感染連鎖のクラスタサイズにモデルを当てはめて、R_pとR_pcを共同で推定しました。詳細については、論文の後半および補足資料のeMethodsに記載されています。本研究のデータは、台湾の伝染病管理法第17条に基づいて設立された中央防疫管理センターの宣告により、アウトブレイク対応とサーベイランスの一環として収集されました。台湾疾病管理センター(CDC)は、本研究を承認し、機関審査委員会の承認とインフォームド・コンセントを免除し、解析前にすべてのデータの識別を解除しました。

データ
台湾におけるSARS-CoV-2感染の症例シリーズデータは、台湾CDCの公式ウェブサイトから収集し、不足している情報を明らかにするために台湾CDCの担当者が査読しました。すべての症例は、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応検査によって確定されました。症例は台湾CDCに通知された後、直ちに隔離されました。我々は、COVID-19の感染動態を明らかにするために、疫学データと接触者追跡データを分析しました。2020年3月21日から、台湾に入国するすべての旅客(国民および対象の非国民)は、入国時に14日間の検疫を受けることが義務付けられました。この日以降、2021年2月28日までに確認されたほぼすべての症例(786例中742例[94.4%])は輸入されたもので、ほとんどが検疫中または検疫後すぐに診断されました。そこで、2020年3月21日以前に台湾に入国した人のうち、現地で感染した症例、疫学的に確認されたクラスター、輸入症例を症例シリーズデータの分析対象としました。台湾に帰国する際に空港で検査を受けた人や、自宅検疫中に診断を受けた人は除外しました。

伝播モデル
我々は,Hellewellらが開発した確率的分岐過程モデルを症例ベースの介入に明示的に取り入れるようにしました。このモデルでは、再生産数の統計分布に基づいて、一次感染者ごとに二次感染者の数を描くことで、感染系統樹を作りました。予想される連続した一次例と二次例のそれぞれについて、推定された分布からの統計的なサンプリングによって、潜伏期間、発症から隔離までの期間、世代間の間隔(感染者と被感染者のペアにおける感染発症間の時間)を決定しました。サンプルの世代間隔が一次感染者の隔離・検疫期間外であれば感染が発生し、サンプルの世代間隔が隔離・検疫期間内であれば感染は阻止されることになります(補足のe図2)。台湾の現在の政策に基づき、このモデルでは検査と隔離が同時に行われると仮定しました。感染モデルのパラメータ値は、経験的な症例データから推定するか、文献調査に基づいて抽出しました(表)。

症例の40%は無症候性で、症候性の症例に比べて感染力が50%低いと仮定しました。無症候性感染は症候性感染と同等の感染力を持つと仮定しました。症候性感染の割合と発生間隔の標準偏差は、連続的なモンテカルロ法を用いて、観察されたserial interval(感染者と被感染者のペアで症状が出るまでの時間)に感染モデルを当てはめて推定しました。パラメータ値と予測R_cとの関連を評価するために、一元感度分析を行いました(感染モデルの詳細については、補足のeMethodsおよびe表1-2を参照)。

症例ベースおよび集団ベースの介入の効果を推定する
較正した感染モデルを用いて、症例ベースの介入の有効性を推定しました。伝播モデルの入力再生産数(補足のe図1)である反事実R0(介入なしの仮想再生産数)は2.50(範囲、2~3)と仮定したが、これは香港でのアウトブレイク初期に推定されたR0と同様であり、過去に推定されたR0の値と一致していました。症例ベースの介入の5つのシナリオにおける有効な再生産数を検討しました(補足のe表3)。(1)症例ベースの介入を行わない、(2)症例の検出と隔離、(3)症例の検出と隔離、二次症例の検出と隔離のための接触者の追跡、(4)症例の検出と隔離、接触者の追跡、症状にかかわらず接触者に対して7日間の隔離、(5)症例の検出と隔離、接触者の追跡、14日間の隔離(現行の方針)。主な指標としては、平均実効再生産数に加え、20世代以内に新たな感染者が0人となるアウトブレイク消滅の確率を算出しました。

実効再生産数R_pおよびR_pcは,感染モデルを台湾で観測された感染クラスターの大きさに適合させることで推定しました(補足のe図1)。較正された感染モデルを再度実行し、入力再生産数を未知のパラメータR_p(広い一様分布を仮定)に設定して、集団ベースの介入がすでに実施されているシナリオを示しました。このモデル(症例ベースの介入を組み込んだもの)から出力される対応する再生産数はR_pcとなり、症例ベースの介入と集団ベースの介入を併用するシナリオ(台湾の実際の状況)を表すことになります。逐次モンテカルロ法を用いて、台湾で観測された自己限定感染の連鎖のサイズ分布に感染モデルを当てはめ、事前パラメータR_pとモデル出力R_pcを推定しました。

R_pおよびR_pcの追加分析
伝達モデルによる推定値を相互に確認するため,異なる方法と情報源を用いて、_pとR_pcに関する追加分析を行いました。まず、COVID-19のアウトブレイク前後における季節性インフルエンザの再生産数(Rt)を時系列で推定しました。なぜなら、集団ベースの介入は、他の呼吸器感染症との関連性があると考えられるからです(補足e方法)。インフルエンザのRtは、(台湾で届出が必要な)重篤な合併症を呈したインフルエンザ患者の時系列データ、インフルエンザ様症状についての医師への相談頻度、呼吸器感染症患者の検体のうちインフルエンザ陽性の検体の割合を用いて推定しました。30 R_pcの点推定値は,R = 1-1/m(mは平均的なクラスターの大きさ)の式で推定し,R_pcの95%CIはブートストラップ法で推定しました。すべての統計解析は,R, version 3.6.3およびRStan, version 2.19.3 (R Foundation)を用いて行いました。

結果
台湾におけるCOVID-19の疫学と感染動態
台湾におけるCOVID-19の流行は、2020年1月から2月にかけて、中国からの少数の輸入症例に始まり、その後、非持続的な局所感染が見られました(図1A)。

3月に入ると、主に北米や欧州からの輸入症例が急増し、その後、散発的な現地感染が発生しました。告知と検査の基準は徐々に拡大され、全体の検査陽性率は0.61%となりました(図1A)。COVID-19の確定症例158例(年齢中央値45歳、四分位範囲25~55歳、男性84名[53%])の症例シリーズデータを解析し、潜伏期間、発症から隔離までの間隔、連続間隔を推定しました。推定平均潜伏期間は5.50日(95%信頼区間[CrI]、1.06~13.45),平均連続間隔は5.86日(95%CrI、-0.64~21.51)でした(図1B)。また、発症から隔離までの平均間隔は5.02日(95%CrI、-0.81~20.51)で、時間の経過とともに短縮傾向にありました(図1C)。観察された連続間隔に感染モデルを当てはめることで、感染発症の55%(95%CrI、41%~68%)が発症前の段階で発生していると推定されました。

症例ベースの介入の効果
この感染モデルを用いて、症例の検出、接触者の追跡、(症状にかかわらず)密接な接触者の14日間の隔離を組み合わせることで、R_cを反実例の2.50(R0)から1.53(95% CrI、 1.50-1.57)、つまり39%減少させることができることがわかりました(図2A)。

100人の初期感染者(すなわち、国境警備隊の目を逃れた感染者)が地域社会に導入された場合、流行が消滅する確率は0%(95%CrI、0%-0%)と推定されました。一元感度分析では、R_cに最も大きな影響を与えたパラメータは発症から隔離までの間隔であり、次いで潜伏期間、反事実R0、無症候性症例の相対的な感染性でした(補足資料のe図3)。注目すべきは、入力された反事実R0を2~3に設定した場合、予測されるR_cは常に1以上になるということです。症例ベースの介入の中では,接触者の隔離が最もR_cの減少に寄与しました(図2A)。症例ベースの介入では、症例の二次感染を実質的に防ぐことはできませんでしたが、身近な接触者を隔離できれば、二次感染から生じる三次感染や三次感染から生じる四次感染を減らすことができました(図2B)。隔離期間を14日から7日に短縮しても、R_cは1.53(95%CrI、1.50-1.57)から1.61(95%CrI、1.57-1.65)にわずかに増加するだけであることがわかりました(図2A)。

集団ベースの介入の有効性
台湾で観測された感染クラスターのサイズ分布に感染モデルを再実行して適合させたところ(補足のe図4-5)、R_pは1.30(95% CrI、1.03-1.58)と推定され、反事実R0が2.00、2.50、3.00であれば、それぞれ35%、48%、57%の削減が可能であることが示唆されました。次にR0からR_pへの減少の度合いをCOVID-19の流行の前後におけるインフルエンザの時間変化する再生産数Rtの減少と比較しました。2017年から2018年および2018年から2019年のシーズンと比較して、2019年から2020年のシーズンには、インフルエンザ患者の早期かつ持続的な減少が見られました(図3A;補足資料のeTable 4)。2020年の重症インフルエンザに基づく推定Rtは、2020年1月21日(最初の症例COVID-19が報告された)の0.87から1カ月後の0.27に低下し、69%の減少に相当しました。重症度を問わないインフルエンザの推定値の分析でも同様のパターンが見られ、2020年1月21日の1.07から1月21日以降に0.57まで、47%のRtの低下が見られました(図3B)。

症例ベースと母集団ベースの共同介入の効果と疫病の予測
台湾で観測された感染クラスタのサイズ分布に感染モデルを当てはめた結果、R_pcは0.85(95%CrI、0.78-0.89)と推定されました。一方、クラスタの平均サイズから解析的に推定したR_pcは0.62(95%CrI、0.45-0.72)でした。次に、当てはめたモデル(R0, 2.50; R_c, 1.53; R_p, 1.30; R_pc, 0.85)を用いて、異なるシナリオで100人の初期症例による流行曲線を予測しました。これらのシナリオを検討した結果、症例ベースの介入と集団ベースの介入はそれぞれ部分的に流行を抑えることができるものの、どちらか一方の介入だけでは指数関数的な成長が続くことがわかりました。60日目までに、1日あたりの新規症例数は、症例ベースの介入で37 631(95% CrI、29 586-46 285)、集団ベースの介入で481(95% CrI、 320-736)まで増加することがわかりました(図4A)。一方、症例ベースの介入と集団ベースの介入を組み合わせると、流行を抑えることができます。60日目までに1日当たりの新規症例数は、複合的な介入により1.7(95% CrI、0.3-6.7)となります(図4A)。84日目(95%CrI、51-137)には,1日当たりの新規症例数は0になります。

症例ベースの介入と集団ベースの介入をどのように併用できるかを理解するために、COVID-19症例の初期導入数が異なる条件下で、症例ベースの介入と異なるレベルの集団ベースの介入を組み合わせた場合(R_pの値の違いで表現)、台湾におけるCOVID-19の封じ込めが成功する確率を推定しました(図4B)。初期感染数を100とした場合、絶滅確率を90%以上とするためにはR_pが1.2以下である必要がありました。R_pが2.0以上であれば、循環感染者数が少なくても、複合的な介入によってアウトブレイクを抑制することは不可能です(消滅確率:0)。

考察
COVID-19に関する複数の一次データを取り入れた柔軟なモデリング手法を用いて、台湾における症例ベースの介入と集団ベースの介入の効果を検証し、SARS-CoV-2の再生産数がどの程度減少するかを推定しました。その結果、公衆衛生・医療システムに負担がかからず,効率的な接触者追跡プログラムが実施されていた台湾においても、症例ベースの介入だけでは流行を抑えるには不十分であることがわかりました。また、集団ベースの介入によってCOVID-19の再生産数が50%近く減少し、封じ込めに重要な役割を果たしたこともわかりました。それにもかかわらず、症例ベースの介入と集団ベースの介入の組み合わせのみが、台湾での流行を終わらせるのに十分な力を持っていました。

これまでのモデル研究では、台湾のように公衆衛生システムが十分に機能している環境や国では、接触者の追跡とそれに対応する管理(検疫または積極的な監視)が有効であることが示唆されていました。しかし、今回の調査結果では、準備が整った環境であっても、ウイルスが複数回侵入する可能性がある場合、接触者の追跡だけではCOVID-19の流行を排除できないことが示唆されました。この違いは、主に、症状が出る前の感染の役割(症状が出る前の段階で、約半数の感染が発生している可能性がある)が理解されてきたことと、症状が出てから感染者を隔離するまでの時間を短縮することが課題となっていることによるものです。現地のデータを分析したところ、台湾では、発症から隔離までの平均間隔が約5日でした。接触者追跡の有効性は、症例の検出とリスクの高い接触者の隔離の適時性に左右されます。感染者と被感染者のペアで症状が出るまでの時間(serial interval)が短いのに比べて、このように時間が長くかかるということは、症例が報告されて隔離されるまでに、すでにウイルスが感染していた可能性が高いと考えられます。このモデルでは、台湾の政策から、検査と隔離が同時に行われたと仮定しました。しかし、他の環境では、検査、検査結果の入手、隔離の間に遅れが生じる可能性が高く、症例ベースの介入の効果はさらに低下すると考えられます。今回の結果から、COVID-19に対する症例ベースの介入は、症例ベースの介入が包括的に行われる環境であっても、効果的な集団ベースの介入とともに常に実施されるべきであることが示唆されました。さらに、我々のモデルでは、密接な接触者の7日間の隔離と14日間の隔離について同様の結果が得られたことから、隔離期間を短縮し、公衆衛生システムの負担を軽減できる可能性が示唆されました。2021年3月の時点で、いくつかの国で検疫期間の短縮が実施されている(シンガポールなど)か、検討されています(米国やタイなど)。

台湾における COVID-19 封じ込めの取り組みでは、集団ベースの介入が重要な役割を果たしている可能性が高いことがわかりました。医療機関および非医療機関で行われた172件の観察研究のメタアナリシスによると、身体的距離をとること、フェイスマスクの使用、目の保護が個人レベルでのCOVID-19感染の減少と有意に関連していました。行動の変化がもたらす集団レベルの効果に関する経験的なエビデンスは限られています。ほとんどの先行研究では、介入が実施されている間の時間変化する再生産数Rtの変化を評価しています。これらの研究では、ロックダウンや接触追跡など、他の介入も同時に行われていたため、行動の変化による独立した効果を特定することは困難でした。しかし、2020年にインフルエンザ活動が低下する国(米国、オーストラリア、チリ、南アフリカなど)ではCOVID-19による高負担が続くことから、集団ベースの介入だけでは流行を抑制できない可能性が示唆されています。

今回の研究は、COVID-19のパンデミックのさまざまな段階、さまざまな環境において、さまざまな非医薬品的介入の役割を検討するための枠組みを提供するものです。特に台湾やニュージーランドのような島国では、流行の初期段階で持ち込み数を減らすために国境管理を行うことが選択肢の一つになるかもしれません。しかし、導入数が増加し、それに応じて現地感染の確率が高まると、国境閉鎖の効果はすぐに失われてしまう可能性があります。

パンデミックが(アメリカやヨーロッパのような)広範な感染に発展すると、接触者の追跡を強化することは論理的に困難になります。公衆衛生システムがひっ迫している場合は、持続できません。このような場合、従来の症例ベースの介入では効果が限られてしまいます。これに代わる可能性があるのは、電子曝露通知システムによるデジタル接触追跡です。症状の出ていない、あるいは無症状の感染がかなりあることから、米国疾病対策予防センターによる最近のモデル研究では、症状のあるCOVID-19を持つ人を特定して隔離するだけでは、新規感染の50%以下しか防げないことがわかりました。米国疾病対策予防センターは、ワクチンが普遍的に利用できるようになる前にパンデミックを抑えるためには、集団ベースの対策と症状のない人の戦略的な検査が不可欠であると結論づけています。米国の調査結果と我々の結果は、COVID-19の流行が全般的に広がっている環境では、症例ベースの戦略や症状ベースの戦略よりも集団ベースの介入を優先すべきであり、症例ベースの介入の効率低下を補うために集団ベースの介入の強度を高めるべきであることを示唆しています。とはいえ、物理的な距離をとることや顔のマスクなど、行動の変化を維持するのは難しいことです。最後に、台湾で成功したパンデミックの抑制は、感染レベルの高い国では再現できないかもしれませんが、今回の分析では、これらの国でも、流行抑制の努力を集中的に強化できる特定の環境(プロスポーツリーグや重要な職場など)では、抑制を達成できる可能性があることを示唆しています。

制限事項
本研究には限界があります。第一に、他のモデリング研究と同様、本研究の結果は仮定と入力パラメータ値に影響される可能性があります。本研究では、接触者追跡による詳細な症例データを用いてパラメータと較正を行いましたが、複数の感度分析により、モデリングの仮定を変えた場合の結論との関連性を検討しました。第二に、今回の分析は台湾で行われました。台湾は島国であり、国境管理によって新たな感染者の持ち込みを抑制することができるため、今回の結果は他の環境では一般化できない可能性があります。これが、(持ち込み数に対する国境管理ではなく)現地感染に対する症例ベースの介入と集団ベースの介入の効果に焦点を当てた理由です。第3に、COVID-19が持ち込まれたときにほとんどの介入が迅速に開始されたため、反事実R0(介入を行わなかった場合の仮想的な再生産数)を直接推定することができませんでした。それにもかかわらず、我々の主要な結論は、一般的に報告されているR0値2~3の範囲内で頑強なものでした。第4に、クラスターのサイズ分布の分析は、すべてのクラスターに関する完全な情報を前提としています。もし、小さなクラスター(さらなる感染のない孤発例を含む)がサーベイランスや接触者追跡によって見逃される可能性が高ければ、推定R_pcは低くなり、集団ベースの介入の効果は大きくなっていたと考えられます。

結論
今回の分析では、包括的な接触者追跡プログラムや効果的な公衆衛生システムが整備されている環境であっても、SARS-CoV-2の地域感染を制御するためには集団ベースの介入が不可欠であることが示唆されました。症例ベースの介入と幅広く遵守された集団ベースの介入を組み合わせることで、台湾におけるCOVID-19の制圧に成功したと考えられます。予防接種プログラムは普及に向けて強化されていますが、その効果が十分に発揮されるのは時間が経ってからです。台湾での経験から、パンデミックの深刻さを軽減するには、公衆衛生の専門家と一般市民が協力して取り組む必要があると考えられます。

*翻訳文は当チームが翻訳を行った時点の論文等発表内容にもとづくもので暫定的な情報です。各記事に原文へのリンクを掲載しています。


*セカンドチェックを行っていない1次翻訳の状態の場合があります。翻訳記事を利用する際は、各施設および個人の臨床医の判断と責任下で行ってください。 下記の「翻訳ポリシー・記事内容の利用について」のページもご参照ください。

次へ 投稿

© 2020-2021 COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

このサイトについて