COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

有志医療者による海外論文の翻訳、医療情報

CDC_学校再開のために幼稚園から高校までの管理者の準備

翻訳日:2020/08/12

原文:Preparing K-12 School Administrators for a Safe Return to School in Fall 2020

<参考> 幼稚園から高校までの感染症対策準備ツール

Considerations for K-12 Schools: Readiness and Planning Tool


2020年秋に安全に学校に戻るための幼稚園から高校までの管理者の準備

学校は地域のインフラの重要な部分であり、学業成績だけでなく、子ども全体をサポートする上で重要な役割を果たします。

このガイダンスは、生徒、教師、その他の学校のスタッフ、家族、コミュニティの健康、安全、福祉を守り、今秋の生徒の教育に備える方法を検討する学校管理者を支援することを目的としています。

このガイダンスは、2020年秋に生徒、教師、スタッフが学校に戻る準備をしているK-12学校管理者向けです。学校管理者は、K-12学校の日常業務を監督する個人であり、学区長、校長および副校長等です。

すべての管理者が以下を行うことが重要です。
・学校や地域の全員に予防行動を実践するよう働きかけます。これらは、学校の安全な再開を支援し、学校の継続に役立つ最も重要な行動です。
・複数のSARS-CoV-2軽減戦略を実装します(例:ソーシャルディスタンス(社会的距離)、布のマスク、手指衛生(手洗い)、コホートティングの活用)。
・生徒、教師、スタッフに徐々に適切な方法で、適切な衛生と社会的距離を保つためのコミュニケーション、教育、補強をします。
・SARS-CoV-2軽減戦略をカリキュラムと課外活動に統合します(例:社会的距離をとることができない活動への参加を制限またはキャンセルする)。
・健康的な環境を維持します(例:頻繁に触れる表面の洗浄と消毒)。
・地域の感染レベルを考慮した決定を行います。
・未使用または十分に活用されていない学校(またはコミュニティ)スペースを再利用して、教室のスペースを増やし、可能な場合は外部スペースを含む社会的な距離を確保します。
・学生またはスタッフメンバーがCOVID-19に陽性反応を示した場合の予防的な計画を立てます。
・陽性の症例が発生した場合に症例追跡を行うために、州および地方の保健部門と計画を立てます。
・家庭でCOVID-19の症状を監視し、症状に対応することの重要性について、両親と介護者を教育します。
・州や地方の保健部門と継続的に連絡を取り合って、地域のCOVID-19の伝播と対応に関する最新情報を入手します。

このドキュメントで説明されているガイダンスは、現時点で入手可能な最良の証拠に基づいています。このガイダンスは、学校が遵守しなければならない州、地方、地域、または民族の健康および安全に関する法律、規則、および規制を補足するものであり、置き換えるものではありません。

学校管理者向けの重要な考慮事項
・身近な地域、および学生、教師、職員が住んでいる地域におけるCOVID-19感染率
・学校/地区や地域の要望に合ったコホーティングへの取り組み(例:生徒をクラスのポッドに留め、生徒が学校の施設に戻ったときに時間をずらし、同じ教師が同じ生徒のグループに対応するようにします)
・屋外のスペースを含む未使用または十分に活用されていない学校のスペースを再利用して、教室のスペースを増やし、社会的な距離を縮めることはできますか?
・COVID-19の蔓延を防ぐために学校で複数の戦略を並行して実行します(例:社会的距離、布のマスク、手指衛生、コホートティングの活用)
・学校や地域社会でCOVID-19が蔓延するのを防ぐために、学校や地域にとってもっともよい方法は、個人的な予防的行動を伝え、教育し、補強します。
・COVID-19伝播を減らすためにカリキュラムと課外活動に減らすための戦略の統合(例:社会的な距離を置くことができない活動への参加を制限する)
・誰かが病気になったときの計画と準備
・陽性の事例が発生した場合に連絡先追跡を実施する計画を策定するために州および地方の保健当局と協力します
・家庭での症状スクリーニングについて家族に適切に伝える

学校の重要な役割

このガイダンスは、何よりもまず、生徒、教師、他の学校のスタッフ、その家族、および地域の健康、安全、福祉を保護することを目的としています。

学校は地域のインフラの重要な一部です。学校は生徒に安全で支援的な学習環境を提供し、教師やその他のスタッフを雇用し、親、保護者、介護者が働くことを可能にします。学校はまた、学校給食プログラムや、社会的、身体的、行動的、精神的保健サービスなど、健康格差の緩和に役立つ重要なサービスを提供しています。学校が閉鎖されると、子どもや家族へのこれらの重要なサービスの提供が混乱し、家族にさらなる経済的および心理的ストレスがかかり、家族の対立や暴力のリスクが高まります[1]、[2]。

学校が果たす独特で重要な役割により、学校は開校と開校を維持するための優先事項となり、学生は重要なサービスと共に学術的な指導とサポートの両方を受けることができます。学校を安全に開校することを優先し、学校を開校したままにするために、地域は地域の感染を軽減するための行動を取ることを検討する必要があります。CDCによる地域のCOVID-19感染地域の軽減戦略の実施には、COVID-19の蔓延を軽減または防止するための地域の軽減戦略があり、学校が安全に開校し、開校状態を維持するのに役立ちます。安全な対面学習を提供することの重要性を認識し、コミュニティはまた、現在十分に活用されていない屋外スペースを含む追加の公共スペースまたはプライベートスペースが学校および教育的な目的のために安全に再利用されるかどうかを調べることによって学校を支援することを望むかもしれません。

2020年秋の学校復帰は、軽減策の実施(例えば、社会的距離の取り方、清掃と消毒、手指の衛生、布製のマスクの使用)、生徒の社会的、情緒的、精神的な健康上のニーズへの対応、潜在的な学習損失への対応、より広い学校コミュニティ内でのCOVID-19感染の可能性への準備など、学校に新たな課題をもたらします。

このガイダンスは、以下に関する情報を提供します。
・学齢期の子ども達の間でCOVID-19について現在知られていること
・安全に学校に戻ることの重要性
・学校でのSARS-CoV-2(COVID-19の原因となるウイルス)感染と、地域の伝播の影響について現在知られていること
・幼稚園から12年生(K-12)の学校の管理者が対面での指導を計画および準備し、閉鎖の可能性の影響を最小限に抑える方法

小児におけるSARS-CoV-2の兆候と症状、負担、および伝染については何がわかっていますか?

兆候と症状

子どもの共通のCOVID-19症状には、発熱、頭痛、喉の痛み、咳、疲労、吐き気/嘔吐、および下痢が含まれます[3]。しかし、COVID-19を引き起こすウイルスに感染した多くの子どもと大人は無症候性です(つまり、病気の兆候や症状がないことを意味します)。

COVID-19の子どもへの影響

COVID-19パンデミックの状況と負担を理解するには、さまざまな場所や人口にどのように影響するかなど、データを収集して共有することが重要です。学校関係者は、地域の感染のレベルや学校で適切な軽減策を実施する能力などの入手可能なデータに基づいて、学校の再開について決定を下す必要があります。子ども達は、成人に比べてCOVID-19にかかるリスクが低いようです。一部の子どもはCOVID-19で病気になっていますが、成人は報告されたCOVID-19症例の95%近くを占めています[4]。初期の報告では、子どもは成人よりもCOVID-19に罹患する可能性が低く、COVID-19に罹患した場合、一般的に重症度は低くなります[5]。2020年7月21日の時点で、報告されているCOVID-19症例の6.6%、およびCOVID-19関連の死亡の0.1%未満は、米国の18歳未満の子どもおよび青年に発生しています[6]。

初期の報告では、子どもにおけるCOVID-19の症例数は、年齢やその他の要因によって異なる可能性があると示唆されています。 10〜17歳の青年は、10歳未満の子供よりもSARS-CoV-2に感染する可能性が高くなります[7]、[8]が、重症の病気を発症するリスクが高いとは思われません[9]。現在、ヒスパニック系以外の白人の子どもと比較して、ヒスパニック系/ラテン系の子どもたちのCOVID-19症例の割合が高いです。特定の基礎疾患を持つ子どもと大人は、COVID-19による重症のリスクが高くなります[10]。重症とは、呼吸を助けるために入院、集中治療、または人工呼吸器が必要になるか、死亡することさえあることを意味します。知的障害および発達障害のある子どもは、COVID-19による重篤な疾患のリスクが高まる可能性がある基礎疾患(例えば、呼吸器系の疾患、内分泌系、栄養系および代謝系の疾患、および循環器系の疾患)になる可能性が高いです[11]。まれではありますが、SARS-CoV-2への暴露後に一部の子どもが多系統炎症症候群(MIS-C)を発症しました。 2020年5月20日の時点で、MIS-Cで入院している子どもたちの大部分は回復しています[12]。

子どものSARS-CoV-2感染に関するデータは限られています。他の国からのエビデンスは、COVID-19を持つ子供の大多数が家族によって感染したことを示唆しています[13]。たとえば、韓国とベトナムで最初の小児患者は、成人の家族との接触による可能性が最も高かったです[14]、[15]。フランス、オーストラリア、アイルランドの学校におけるCOVID-19の生徒の接触追跡からの公開されたレポートは、生徒が家庭の接触と比較して他の生徒にウイルスを感染させる可能性が低いことを示唆しています[16]、[17]、[18]。ただし、子どもと世帯員の間のSARS-CoV-2感染については、さらに研究が必要です。

学校がどのように再開したか、SARS-CoV-2感染への影響について何が知られていますか?

国際的に、学校はさまざまな方法を使用してCOVID-19に対応しています[19]、[20]。たとえば、中国、デンマーク、ノルウェー、シンガポール、台湾はすべて、登校時に体温チェックを必要としました[21]。ほとんどの国では、クラスの人数を減らし、生徒間の物理的な距離を伸ばし、接触を減らすために生徒を決められたグループに保つ(つまり、コホーティング)ために、運営方法を変更しました[22]。さらに、多くの国では、登校、開始、終了の時間をずらしており、交替制を採用して社会的距離を確保しています。一部の場所では、これは、学年の範囲または必要性のいずれかによって、特定の学生だけが学校に戻ったことを意味します。たとえば、デンマークはヨーロッパで最初に学校を再開した国です。デンマークは、クラスのサイズが制限されており、他の社会的距離の測定値を使用して、生徒の再入を波状にずらしました(たとえば、あるグループが最初に学校を開始し、次に別のグループが後日続く)[23]。若い生徒(12歳未満)は、健康リスクが低く、年長の学生よりも監督が必要であるため、最初に戻りました。クラスのサイズは物理的な距離を可能にするために縮小されました。台湾では、生徒は必須の体温チェックとマスクの使用で学校に戻りました。台湾は国立学校の閉鎖ではなく、感染率に基づいて教室または学校の閉鎖が必要かどうかを決定するために地方の意思決定に任せました[24]。

学校に戻った結果、感染が増加したり集団発生したりするかどうかについては、さまざまな証拠があります。たとえば、デンマークでは、2歳から12歳の生徒が学校や保育所を再開した後、地域社会で症例がわずかに増加し、その後1歳から19歳までの子どもの症例が着実に減少したと報告されています[25]。対照的に、イスラエルは開校して、社会的距離を緩和した後、学校で新たな症例とアウトブレイクを経験しました。症例の増加の原因と学校が実施した他の軽減策は不明です[26]。2020年の夏に、テキサス州では保育所でのCOVID-19症例が1,300件以上報告されました。ただし、スタッフの2倍の数が子どもと診断されており、子どもは成人よりもCOVID-19になるリスクが低い可能性があることを示唆しています[27]。

学校が再開する際には、地域社会への感染リスクを考慮することが重要です。国際的な学校からのエビデンスは、SARS-CoV-2感染率が低い地域では学校の再開は安全であることを示唆しています[28]。ヨーロッパのコンピュータシミュレーションは、学校の再開により、感染率がすでに高い地域の感染リスクをさらに高める可能性があることを示唆しています[29]。どの戦略が最も効果的であるかを決定するために学校で使用される軽減戦略(例:社会的距離、布のマスク、手指衛生、コホーティングの使用)の実装については、さらに調査と評価が必要です。そのような研究は、学校でのSARS-CoV-2感染のリスクに対する軽減戦略の影響の理解を改善し、学校での感染の継続的な監視と調査は、タイムリーなアウトブレイクの検出に役立ち、より広範囲に広がるのを防ぐことができます。

対面指導のために学校を開くことが重要なのはなぜですか?

建物や施設を開くように学校を開くことはCOVID-19の蔓延のリスクをもたらしますが、2020年の秋に対面教育のために学校を開くことが重要である理由はたくさんあります。

学校は地域社会の福祉に重要な役割を果たします

学校は地域のインフラの基本的な部分です。学校は、子ども達に安全で支援的な環境、構造、および規則性を提供するだけでなく、その他の必要なサポートサービスを子ども達と家族に提供します。学校は、教師やその他のスタッフを雇用し、親、保護者、介護者の仕事を支援することにより、地域の経済的健康に重要な役割を果たします。

学校は重要な指導と学術的支援を提供します

学校は、短期的および長期的に生徒と地域に利益をもたらす重要な指導と学術的支援を提供します。幼稚園から高校までの教育機関の主な役割と優先事項は、年齢に応じた指導を提供し、学生の学問的発展を支援することです。学校を再開することは、生徒に対面での指導を提供し、教師と生徒間の対話を促進し、生徒に学校を基本とした個別指導、特殊教育、およびその他の専門的な学習支援を含む重要な学術サービスを提供します。

調査によると、生徒は学校の閉鎖期間と夏の数か月間に学習障害を経験しました[30]。特に仮想学習が指導のために計画された形式ではなく、学校が完全に仮想学習に移行するための資源または機能を備えていない場合は特に、生徒の対面式の指導は仮想学習よりも優れています。多くの生徒にとって、生徒と教師、生徒と仲間との対人関係の交流による教室での指導には、さらなる利点があります[31]。教師は、生徒の学習に積極的に参加し、生徒が課題に直面したときにフィードバックを提供し、生徒間の積極的な学習を促進することができます[32]。

対面式の指導は、追加的な学習の必要性がある学生にとって特に有益です。障害のある子どもは、個別の教育プログラム(IEP)または504プランで必要とされる専門の指導、関連サービス、または追加の支援に仮想手段を介して接続できない場合があります[33]。学生は、質の高い英語学習(ELL)への仮想手段を介した接続もない可能性があります[34]。

学校の対面の指導が閉鎖されている場合、教育成果の格差はさらに拡大する可能性があり、一部の家族は遠隔学習に完全に参加する能力を持たない可能性があり(たとえば、コンピューターおよびインターネットアクセスの問題、仕事のスケジュールの関係で親、保護者、または介護者の支援の欠如)、また子どもの学業での成功を支援する学校を基にしたサービスに依存している場合があります。COVID-19が閉鎖される前にすでに存在していた、所得レベルや人種や民族間の格差などの永続的な達成の格差は、悪化し、子供の教育結果、健康、家族や地域の経済的幸福に長期的な影響を与える可能性があります[35]、[35]。特定の人種/民族グループ間でのCOVID-19の高率に対する懸念は、主に人種的少数派の学生を教育する学校を閉鎖することへの考慮を増幅する可能性がありますが、栄養および支援サービスのような他のサービスおよび支援を受け取るために学生が学校を最も頼りにしている可能性があることも考慮すべきです。

学校は、生徒の学業成績だけでなく、子ども全体を支援する上で重要な役割を果たします

学生の社会的および感情的な健康は学校を通して補強することができます

K-12学年の子ども達の社会的相互作用は、感情的な幸福のためだけでなく、子供たちの言語、コミュニケーション、社会的、対人関係の技術にとっても重要です[37]。一部の生徒は、COVID-19が原因で、物理的に学校にいない間に社会的孤立を経験し、不安を高めた可能性があります。対面での指導を再開することで、学生の社会的および感情的な幸福を支援できます[38]。学校は子ども達の社会化の基盤を提供することができます。子どもが学校にいないときは、社会的なネットワークや対人の社会的な支援から切り離されている可能性があります。学校は、感情を理解して管理し、前向きな目標を設定して達成し、他の人の視点を評価し、前向きな関係を確立して維持し、責任ある意思決定を行う生徒のスキルを養うカリキュラムの授業を通じて、子ども達の社会的および感情的な健康を促進できます[39]。

生徒のメンタルヘルスは、学校の支援とサービスを通じて育むことができます

学校は、生徒が友人、教師、その他のスタッフから感情的および心理的な支援を受けるための重要な場所です。校舎が長い間閉鎖されているため、一部の生徒は、重要な友情や他の思いやりのある大人からの支援から孤立していると感じることがあります[40]。学校はまた、学校の外でこれらのサービスにアクセスできないかもしれない子ども達に、重要な心理的、精神的および行動的健康(例えば、心理カウンセリング、精神的および行動的評価)サービスを提供します。学校の閉鎖により、これらのサービスの利用が制限されています。さらに、COVID-19パンデミックに対する孤立と不確実性は、社会的支援の重要な情報源を取り除きながら、絶望感と不安感を生み出す可能性があります。一部の学生は、COVID-19から愛する人を亡くしたことでトラウマを経験した可能性があります。不安とうつ病の増加は、生徒が学校にいることで日常生活にもたらす構造と規則を持たない場合に発生することがあります。最後に、休憩や体育を通じて身体活動をする機会を持つことは、学生の不安や悲しみの感情を改善するのに役立ちます。これらの身体活動は、物理的な距離と学生間の密接な接触を減らすための戦略を含む、安全で支援的な環境で学生に定期的に提供されるべきです。

他の特別サービスの継続性は学生の成功にとって重要です

学校の給食プログラム、特殊教育および関連サービス(例:話すこと及び社会活動サービス、作業療法)などの主要なサービス、放課後のプログラムに依存している学生は、学校が閉鎖され、そのような学校の健康プログラムやサービスに関わることができなくなると健康状態や教育結果が悪化するリスクが高くなります[41]。校舎が閉鎖されている間、生徒はこれらの重要なサービスの多くへの関わりが制限され、教育と健康の格差と不平等が拡大する可能性がありました。

幼稚園から高校までのK-12学校では、対面式の指導に戻るための準備をどのように行うことができますか?

地域でのCOVID-19の症例を予測する

国際的な経験から、学校が注意深く調整、計画、準備を行っている場合でも、地域や学校内で症例が発生する可能性があることがわかりました。地域でのCOVID-19の発生を予測して計画することにより、1人または複数の症例が特定された場合に全員が備えることができます。

調整、計画、準備

管理者は、地域でのCOVID-19感染の状況について最新情報を入手できるよう、地元の公衆衛生当局と調整する必要があります。さらに、計画と準備は、学校を安全に再開するために管理者が実行できる重要な段階です。

・CDCの学校のための考慮事項は、学校がCOVID-19の蔓延を減らし、健全な環境を確立し、健全な運用を維持するための計画と準備を行うための詳細な推奨事項を提供します。このガイダンスには、バス、教室や学校の他の場所内の物理的な距離、健康的な衛生習慣、掃除と消毒、布のマスクの使用、生徒のスケジュールのずらし、スタッフと教師の欠席の計画(例:バックアップの人員配置計画)など、軽減戦略の実施に関する情報が含まれています。

・管理者が検討できる重要な戦略の1つはコホーティング(または「ポッド」)です。このグループでは、生徒のグループ(場合によっては教師)が授業日は一緒にいて、学校環境で生徒、教師、およびスタッフの曝露を最小限に抑えます。小学校レベルでは、ほとんどの授業日で同じクラスを一緒に保つ方が簡単かもしれません。中学校と高校の環境では、生徒と教師のコホート化はより困難な場合があります。ただし、ブロックスケジュールを作成したり、生徒を学年ごとに分けたりするなどの戦略は、生徒を小さなグループをまとめ、混ざり合うのを制限するのに役立ちます。生徒の小さなグループをまとめる戦略は、学校で発生した場合にCOVID-19症例の影響を制限するのにも役立ちます。学生、教師、またはスタッフメンバーがSARS-CoV-2の検査で陽性を示した場合、同じコホート/グループの検査も受け、陰性の検査結果を受けるまで自宅に留まるか隔離する必要があります。これは、曝露を制限することにより、学校の他の部分や地域への混乱を防ぐのに役立ちます。学校は、隔離または隔離のために家にいる必要がある生徒の継続性または学習を支援するためのシステムを整備する必要があります。これには、オンライン学習、学校給食、およびその他のサービスへのアクセスが含まれます。障害のある子どもを含め、追加のニーズを持つ学生にも同じことが当てはまり、軽減戦略を順守することが困難になります。

COVID-19中に学校を運営する:学校が開いているときに使用する指導原則と軽減戦略

COVID-19の可能性のある症例と学校地域への伝播の増加に備える

学校は、COVID-19の症例と施設で発生する暴露に備える必要があります。生徒が学校に戻った後も、地域の保健当局と協力することは重要です。地域のCOVID-19の状況に関する定期的な更新を提供し、生徒、教師、スタッフの健康と福祉を支援および維持するのに役立つからです。学術的指導を維持し、学生が特別なサービスを利用できるようにするための計画を立てることも重要です。

学校の運営に関する意思決定

管理者は、地域感染のレベル、生徒、教師、またはスタッフ間で症例が特定されているかどうか、地域の公衆衛生担当者がCOVID-19の状況を評価するために使用している他の指標、生徒、教師、スタッフのコホートが学校内で実装されているかどうかなど、いくつかの要因に基づいて、地方の保健当局と協力して決定を行う必要があります。

コミュニティの感染レベルはどのくらいですか?

学校が地元の保健当局から報告された地域感染のレベルに基づいて実施できる具体的な戦略があります。

・コミュニティへの感染が最小限に抑えられない場合、日常の予防行動を強化し、バスを含む学校施設内の適切な換気を確保し、清掃と消毒の実施を維持することが重要です。これらの行動は、潜在的な曝露を最小限に抑えるのに役立ちます。学校はまた、教師、スタッフ、生徒の欠席の傾向を特定し、COVID-19による欠席かどうか、隔離につながった症状、学校環境にいることへの懸念、個人の健康と安全、または陽性の検査結果かどうかを判断する必要があります。COVID-19の検査で陽性と判定された人は誰でも、家に留まり、公衆衛生当局が推奨する期間中は自己隔離する必要があります。COVID-19の検査で陽性または症状を示した人と密接に接触したことがある人は、検査を受けて陰性の結果が出るまで家にいるか、家にいて症状を監視する必要があります。

・地域への感染が最小限から中程度である場合、学校は上記の行動に従い、社会的距離、布のマスクの使用、日常の予防行動の強化、清掃と消毒の維持などの軽減戦略を引き続き実施する必要があります。これには、学生とスタッフのグループ/コホートをできるだけ移動を少なくして、学生とスタッフのグループの混合を制限することも含まれます。

・かなりの制御された感染がある場合、重要な軽減戦略が必要です。これらには、上記のすべての行動を実行し、学生とスタッフのグループ/コホートをできるだけ移動を少なくして、学生とスタッフのグループの混合を制限し、遠足と大規模な集まりとイベントをキャンセルし、共有スペース(たとえば、食堂、メディアセンター)は閉鎖されています。

・感染が制御されていない場合、学校は地元の保健当局と緊密に協力して、学校の運営を維持するかどうかを決定する必要があります。生徒、教師、スタッフ、およびその家族の健康、安全、福祉は、学校の閉鎖が必要な段階であるかどうかを判断する上で最も重要な考慮事項です。地域は、地域の感染レベルを低下させる戦略を実施することにより、学校の開校を維持できます。ただし、地域の感染レベルを下げることができない場合、学校の閉鎖は重要な考慮事項です。学校が閉鎖された場合は、仮想学習の計画を立てておく必要があります。

学生またはスタッフは、SARS-CoV-2に陽性反応を示しましたか?

学校コミュニティ内の誰か(たとえば、学生、教師、スタッフ)がSARS-CoV-2について陽性反応を示した場合、リスクのレベルを評価することは、学校の一部または全体を閉鎖するかどうか、いつ、どのくらいの期間閉鎖するかを決定するために重要です。K-12管理者は、ウイルス診断テストに関する追加情報を提供するSARS-CoV-2テストの学校管理者向けのCDCのK-12に関する暫定的な考慮事項も参照できます。学校でCOVID-19が1人の症例では、特に地域への感染レベルが高くない場合、学校全体を閉鎖することはおそらくありません。上記の地域の感染のレベル、およびSARS-CoV-2の検査で陽性と判定された個人の密接な接触の程度はすべて、閉鎖する前に検討する必要があります。これらの変数は、学校または学校の一部が閉鎖されたままでいる時間を決定するときにも考慮する必要があります。学校内でのウイルスの伝染が地域社会の伝染よりも高い場合、または学校がアウトブレイクの原因である場合、管理者は地元の保健当局と協力して、一時的な学校の閉鎖が必要かどうかを判断する必要があります。陽性と判定された、または陽性と判定された個人と密接に接触した生徒、教師、スタッフは、自己隔離または隔離を中止しても安全な時期についてのガイダンスを提供する必要があります。

COVID-19の状態を評価するために地元の公衆衛生当局が使用している他の指標は何ですか? 地域の保健当局は、地域社会への感染レベルと疾患の重症度レベルを決定するために使用される公衆衛生指標を調べることにより、学校の運営に関連する決定を知らせるのに役立ちます。たとえば、医療機関の収容能(たとえば、人員配置、ICUベッド占有率)、新しく特定されたCOVID-19症例の変化、および地域でSARS-CoV-2感染が陽性と判定された人々の割合などの指標は、学校の運営を維持または変更するための決定に役立ちます。これらの指標は、州、地方、民族、および領土内の保健および医療関係者によって設定され、意思決定のために学校と共有する必要があります。

学校内でコホートアプローチが使用されていますか? 学校内での学生とスタッフの混合レベルも考慮する必要があります。学生の混合を最小限に抑えるために学生がコホートに留まっている場合、COVID-19を持つ個人への曝露は1つの特定のコホートに限定され、学校の他のメンバーに広範なリスクをもたらすことはありません。COVID-19の誰かと密接に接触していたコホートは、CDCの隔離と自己隔離に関するガイドラインに従って仮想学習に切り替えて家にいることができ、学校は開いたままになる場合があります。

家族、スタッフ、その他のパートナーとコミュニケーションを取る

学校に戻る準備をするときは、定期的なコミュニケーションを使用して、学生、家族、教師、およびスタッフに、学業基準、休職プログラムサービス、および学生と家族が依存する他の学校を基にした必須の支援へのアクセスについて更新する必要があります。

家族、スタッフ、その他の協力者との定期的なコミュニケーションには、次のものが含まれます。

・学校および地域におけるCOVID-19の状況に関する更新
・学校でCOVID-19症例が発生した場合の通知(学生の健康状態について連絡する場合、学校は個人を特定できる情報を開示しないように注意し、家族の教育上の権利とプライバシー法を含む、該当するすべてのプライバシー要件に従う必要があります)
・保護者、生徒、教師、スタッフが学校に戻るときに期待できることの説明。特に、以下についてのコミュニケーション:
 ・病気の時とSARS-CoV-2の検査で陽性と診断された人との密接な接触が発生した場合、家にいて症状を観察するために家にいることの重要性
 ・COVID-19症状スクリーニングに関する考慮事項
 ・実施されている社会的距離措置の種類
 ・生徒、教師、スタッフ、訪問者が布製のマスクを着用することが予想される場合、学校から布製のマスクを入手できるかどうか。
 ・再開時に実施される毎日の健康的な衛生習慣(例:生徒、教師、スタッフが病気のときに家にいる、手指衛生、頻繁に触れる面の掃除)
・バス、校舎、施設でのSARS-Cov-2感染を防止するための措置
・COVID-19の蔓延を防ぐために家族や世帯が取ることができる行動
・COVID-19に関する不安を管理するために家族が取ることができる行動
・運用状況に関する決定、COVID-19症例が学生、教師、またはスタッフの間で特定された場合の仮想学習の潜在的な使用、および
・病気の人や病気の親、保護者、介護者の世話に関するガイダンス
・スティグマを減らす方法に関するガイダンス。病気に対する恐れと不安は、人々、場所、または物に対する否定的な態度と信念である社会的スティグマにつながる可能性があります

学校の休業期間中にサービス(理学療法や作業療法、言語療法、メンタルヘルスサービスなど)を受けるために地域の供給者と代替の手配をしなければならなかった家族や学生は、学校に戻ると移行計画を確立するために追加の支援とコミュニケーションが必要になる場合があります。さらに、一部の家族は、学校の給食プログラムなどの一部のサービスを必要とする学生の数を増えて、重大な困難を経験した可能性があります。学校は、学校が開校する準備をしているときに、新しいサービスを開始する必要がある家族を特定し、支援し、コミュニケーションを取るための行動を取ることができます。管理者は地域の協力者と共に、メンタルヘルスサービスの必要性が高まることを見越して、通常のスケジュールに戻る際に、学校を基にした追加の支援やプログラムを計画できます。

コホーティングとは何ですか?

コホーティング(ポッドと呼ばれることもあります)は、学校がSARS-CoV-2(COVID-19を引き起こすウイルス)の感染を制限する取り組みの一環として、生徒とスタッフ間の接触を制限するために使用できる戦略の新しい用語です。これらの戦略は、所定の期間にわたって学生のグループ(場合によってはスタッフ)をまとめることによって機能します。理想的には、コホート内の学生とスタッフは、同じコホート内の他のメンバーと物理的に近接しているだけです。この方法は、生徒と教師のクロスオーバーを可能な限り制限することにより、COVID-19の蔓延を防ぐのに役立ちます。

・SARS-CoV-2の曝露または感染の機会の減少
・共有する表面の接触を減らす
・陽性症例が発生した場合のより効率的な連絡先追跡の促進
・陽性の症例または症例のクラスターが発生した場合に、学校全体の測定ではなく、単一のコホートの対象を絞った検査、隔離、および/または分離を可能にします

コホーティング戦略は、全米の多くの小学校で一般的な方法です。多くの小学生は、学年を通して同じ教師とクラスメートがいます。この戦略の実装は、設定と資源によって異なります。例えば:

・学校はコホートを1つの教室にまとめ、部屋間で教師を交代させることができます。
・学校は、コホートを特定の日または週に割り当てて、日または週ごとにコホートを入れ替えることができます。
・学校はハイブリッドアプローチを採用する場合があり、一部のコホートは対面学習に割り当てられ、他のコホートはオンライン学習に割り当てられます。

COVID-19の広がりに対するコホートの影響のエビデンスは限られています。他のウイルス性疾患のアウトブレイクと国際的な環境における学校の再開からのいくつかのエビデンスは、コホートがCOVID-19の蔓延を軽減するための重要な方法であるかもしれないことを示唆しています。ただし、これらの研究は、感染レベルが低い地域で非常に異なる状況で行われたことに注意することが重要です。

*翻訳はCDCによるものではありません。(CDCのポリシーにもとづく掲示)
*翻訳文は当チームが翻訳を行った時点のCDCサイト掲載内容にもとづくもので暫定的な情報です。各記事に原文へのリンクを掲載しています。原文記載の発表日および当サイトでの翻訳日を各記事に記載していますので参照してください。
*セカンドチェックを行っていない1次翻訳の状態の場合があります。翻訳記事を利用する際は、各施設および個人の臨床医の判断と責任下で行ってください。 下記の「翻訳ポリシー・記事内容の利用について」のページもご参照ください。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 COVID19医療翻訳チーム(covid19-jpn.com)

このサイトについて